Dr.STONE

Dr.STONE【149話】最新話ネタバレ確定&感想|暗闇の誘蛾灯

こんにちは。2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【Z=149 暗闇の誘蛾灯】を読みました。

148話では、サンフランシスコからコーン探索のため、サクラメント川を北上する千空たちはワニの大群に襲われます。

しかし司や氷月、コハクらバトルチームがこれを退治に成功。 食材として捌いたワニのお腹から手掛かりとなるコーンが発見されるのでした。

この記事では、Dr.STONE【149話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

Dr.STONE【149話】最新話ネタバレあらすじ

生命のコーンを大発見して喜ぶクロム。

イエローデントの味は酷いですが、アルコールを搾り取るには効率は高いです。

サクラメント川を北上する最中、コハク流れてくるコーンの粒を次々と発見します。

大量のコーン畑を期待する中、川から都合よくコーンが流れてくる点が気になる千空。

そのころ薄暗い森の中では、妖しい二つ目の存在が群れを成すオオカミを殺害していました。

同じころ北上した千空は、夜になるとラボカーに光を当ててたり白い布を被せて走行性のある虫を集めています。

闇夜に妖しく光る蛾の大群はヨーロッパアワノメイガといい、コーンを主食としています。

すぐ近くに大量のコーンがあることが予想されますが、蛾は穀物や衣服を食糧としているため人類が滅べば共倒れのはずですが、アワノメイガが短時間で多過ぎるほど集まっています。

コーンが大量にある可能性を喜ぶ大樹ですが、司は森の向こうから殺気のようなものを感じていました。

風に混ざった微かな匂いは硝煙。

しかも使い込んだ銃からのものです。

氷月もコーンや誘蛾灯で自分たちは誘き出されたと敵の存在に気がつきました。

司は全員をボートに引き返すように大声で指示します。

すると何者かがマシンガンで森の中から乱射をしてきたのです。

被弾するラボカーですが、龍水が船乗りの操舵で水の防壁を作り辛くも脱出に成功します。
千空同様に自力復活者の可能性を示唆する羽京。

最悪の場合、ダークサイドの科学使いとガチ対決もあり、千空は負けられないと決意します。

Dr.STONE【149話】感想

宝島編ではいきなり石化装置でほぼ全員が石像になったり、今度はマシンガンでお出迎えと受難が続く千空たち。

しかし流石アメリカ。問答無用の攻撃はやはり銃社会ならではですかね。

千空があれだけ作るのを躊躇したピストルの威力をはるかに上回るマシンガンの登場です。

どうやらアメリカにも自力で復活した人物がいたようですが、高い木から飛び降りてはオオカミの群れを瞬殺したりなど、単なる科学使いではなく戦闘力も高いと見たほうが妥当かもしれません。

➡「Dr.STONE」のアニメや最新刊を無料で読む

Dr.STONE【150話】考察予想

上流に流れてくるコーンを追って罠にはまった感じのする千空たちでしたが、司の超反応で大事に至らなかったのは幸いです。

しかし千空たちがコーン畑を探していることは当然相手も予想していることから、そこで第二の罠を練っているかもしれません。

千空は同じ科学使いとしてのプライドからか負けられないと意気込んでいますが、敵の武器はマシンガンです。

いかに司たちの戦闘力が優れていても接近しないことには勝機はありません。

こちらの飛び道具は陽の拳銃と羽京の弓矢だけなので、千空の秘策に期待するところです。

まとめ

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【Z=149 暗闇の誘蛾灯】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

Dr.STONE

ドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントで1冊無料で読めちゃいます!いますぐチェック▷ドクターストーンを無料で読む方法