Dr.STONE

ドクターストーン【190話】最新話ネタバレ確定&感想|涙のゲン!特攻!

こんにちは。ひらりです。

2021年3月22日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【190話】『科学は生命を越えて』を読みました。

189話では、千空、龍水の気遣いによりルーナとチェルシーが砦を離れた矢先、スタンリーたちにより砦が襲撃を受けてしまいます。

大樹、龍水と次々倒れていく中、大量に投げ込まれる手榴弾によりせっかくのダイヤも燃えてしまうのでした。

それでは、この記事では、ドクターストーン【190話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ドクターストーン【190話】最新話ネタバレあらすじ

ゲンは龍水が撃たれた瞬間を目の当たりにしました。

そしてすぐに服を破り白旗を上げようとするも、旗は無情にも撃ち抜かれてしまいます。

千空により守られたカセキとクロムは無事でした。しかし、ダイヤは焼失。カセキは自分の無力さに涙を流します。

その時、ジョエルから電話がかかってきました。

ジョエルが石化装置を完成させたのです。

ジョエルは石化装置の完成はカセキのおかげであると言ってきます。

フランソワが千空たちに敵に見つかったことを伝えるために発した「二手に分かれる」という言葉はアメリカにも通じており、ブロディはこの通信に警戒していました。

そしてニッキーたちを無線から離しましたが、ジョエルは盗聴器を作り無線を傍受していました。

そして「二手に分かれる」は千空たちの側にいる技師が見つけ出したダイヤの削り方であると推測しました。

すぐにダイヤが真っ二つに割れることを見つけ出したジョエルは、石化装置の完成を成し遂げたのです。

カセキとの共同作品と言うジョエルの言葉を聞き、カセキは自分のしていたことが無駄ではなかったとまた泣きます。

その時、ジョエルの元に突如ブロディが現れ、石化措置を奪い去ります。同時にジョエルの作業台を破壊し千空たちの仲間に銃を向けます。

通信が途絶えてしまったカセキたちの元に、ゲンがやってきました。

ゲンは涙ながらにコハクたちがスタンリーたちの持つ無線機を壊したのだと伝えます。

だからこそ強行手段に出てきたのです。

今通信が出来るのは千空たちだけ。

そこで千空はある賭けに出ます。

千空はジョエルたちに向けてモールス信号を送ります。日本語で送られた内容は「正面特攻」。

自分たちが死んでも科学は未来に進んで行くことを分かっているニッキーたちは、禪院で銃を持つ敵にぶつかっていきます。

信頼の強さに驚くジョエルも、カセキと勝利の一杯を交わしたいと感じるのでした。

ドクターストーン【190話】感想

龍水が撃たれて以降は今のところ犠牲者は出ていません。

ゲンの咄嗟の白旗が撃ち抜かれた部分もかなりのショックを受けてしまいましたが、それでもカセキが生きていてくれることが本当に嬉しく思いました。

仲間が犠牲になっていくのを見て、何もできなかったと嘆くカセキの姿には胸が痛みましたが、そんなカセキは確実に役に立っていました。

フランソワの通信がそこまでの意味を含んでいたかは分かりませんが、それでも結果としては良い方に進んだので本当に良かったです。

ドクターストーン【191話】考察予想

スタンリーたちの通信が途絶えことをチャンスに敵を制圧しようとする千空。

ニッキーたちが襲い掛かって来たのと同時に千空がブロディに向けて勝利宣言をすれば状況は変わるかもしれません。

コーンシティ側の制圧すんだとしてもスタンリーが止まるわけではありません。

ダイヤも燃えてしまい、加工する時間もない。

死んでしまった仲間を生き返らせることが出来るとすれば一刻も早く石化させることですが、それはとても難しいことなのです。

ドクターストーン【191話】へ

まとめ

この記事では、ドクターストーン【190話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

Dr.STONE

ドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントで1冊無料で読めちゃいます!いますぐチェック▷ドクターストーンを無料で読む方法