Dr.STONE

ドクターストーン225話ネタバレ!ROCKET SAILING DARKNESS

2022年1月17日発売の少年ジャンプより、「ドクターストーン」225話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

ついにロケットを組み上げて宇宙に向かう千空。

千空は真っ先に石化状態から解放された。

それは1番最初に千空に家を見せてあげたいと言うプレゼントであった。

 

 

224話のネタバレはこちら

ドクターストーン225話ネタバレ!

宇宙船はドッキングを開始しています。

既に二台のドッキングは完了しているようであと3台ドッキングすれば一段落するようです。

地球にいるメンバーからも千空を祝福しているようです。

千空はとんでもないことに気がついてしまいました。

千空には地球からの無線が聞こえていなかったのでした。

コハクはドッキングをするためにモニターを取り出そうとしましたが、英三がノイズかかっているのを発見します。

千空はこれを見て電気系統の異常が起きていることに気が付きました。

モニターには映像が半分も写っていません。

こんな状態で3号機とドッキングすることなどできるのでしょうか。

千空はなぜ電気系統に異常が起きているのか調べようとしています。

千空はコンピューターの回路に石化した髪の毛の1本が紛れていることを発見しました。

そんなことをやっている間に今度はモニターが完全に映らなくなってしまいます。

すでに3号機のドッキングは完了した模様。

4号機が来るまでに修理が間に合わないようです。

絶体絶命かと思いきや4号機がこちらに合わせるように進路を変えてきているのを発見しました。

なんと4号機には龍水が乗っていたのでした。

龍水は自分自身がコマとなって回転することで宇宙船のバランスを保つと言う芸当をやってのけたのでした。

 

ドクターストーン225話の感想

面白いけどこれはこれで宇宙がテーマの作品ってことで、もういっこ漫画が作れそうな勢いですね。

でもジャンプで宇宙を舞台にした漫画が結局打ち切られてしまったことがあったので、いろいろ難しいのかな、さらに少し前にヤングジャンプでもそういうマンガが打ちきられてしまいましたね。

すでにこの世界ではインターネットの雛形のようなものができて、スペースシャトルで宇宙へも行ける、ほぼ現代と同じような文明になってしまったようです。

この先続けていくのって相当難しいんじゃないんですかね、この世界にまだないのってSNS位ですか?うん、GEZANのマヒトの言葉を借りれば、人類にインターネットは早すぎたってやつですね。