Dr.STONE

ドクターストーン226話ネタバレ!フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン

2022年1月24日発売の少年ジャンプより、「ドクターストーン」226話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

宇宙でスペースシャトルをドッキングさせる千空。

しかしスペースシャトルのコンピューターに紛れ込んだ石化した髪の毛が原因となってトラブルが起きてしまいます。

万事休すかと思いきや地球から発射されたのはコンピューターではなく神力で操作されたロケットだったのでした。

 

225話のネタバレはこちら

ドクターストーン226話ネタバレ!

地球から人力でロケットを運転してきてくれたのは龍水でした。

改めて宇宙で再会した4人はスペースシャトルの中で手を合わせます。

龍水はロケットに乗らないことが決まった後も水中の中でイメージトレーニングだけはやっていたのでした。

龍水の手には焼き切れてしまった配電回路の交換パーツが握られていました。

千空の見立てではこれさえあれば丸ごと交換修理が可能なようです。

こうしてこのまま4人は月を目指すことになります。

地上バックアップチームはドップラー効果によりスペースシャトルの位置を常に把握しているようです。

こうしてコールドスリープを重ねながら3日後には月の目前まで迫っていました。

改めて月と言うものを目の前にして言葉を失ってしまうスペースシャトルのメンバーたち。

しかしここからはあまりにも遠く地球と離れてしまったために無線が遮断されることになります。

ここからは自分の目と計算で家を冒険していかなくてはなりません。

月にはたくさんのクレーターがあります。

千空は俺は月にたくさんの隕石が降り注いできた証拠だと説明しています。

ここで月に着陸するための船は3人乗りであると言うことに気がつきます。

龍水は率先してスペースシャトルには自分が残ると言ってくれました。

3人は月面に着陸するための船に乗ります。

こうして人類は月面最初の一歩踏み出すことになったのでした。

ドクターストーン226話の感想

月に到着と言うことで、気になるのは一体月にどういう資源があるかですよね。

調べると月面にはアルミニウムやチタンなど資源が豊富にうまっているそうです。

まぁ、そんなものを1つの国が占有したりしまうと問題が起きるので、我々の世界では積極的にそういう採掘はやっていないですけど。

でも千空たちが容赦無くそういうものを掘り起こしたりしたら面白いですよね、少なくとも私は絶対面白いと思います。

あとは無事に資源を持って帰れるかですね。