炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊【203話】最新話ネタバレ感想!アーサーはオリハルコンを見つけたのか?!

こんにちは。2020年1月15日発売の週刊少年マガジンより、炎炎ノ消防隊【203話】を読みましたのでご紹介します。

202話では、ヴァルカンはリサとユウに加えて浅草の人たちを巻き込んでアーサーとオリハルコン探しごっこを開始。

ヴァルカンの思惑通りに進むと思いきや、掘り出した袋に入っていた紙をアーサーはオリハルコンは地下にあると言いだし地下に向かおうとするのでした。

➡「炎炎ノ消防隊」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

炎炎ノ消防隊【203話】最新話ネタバレあらすじ

掘り出した紙の内容を無視しアーサーは地下に向かおうとします。

ヴァルカンたちもしぶしぶアーサーにあわせて向かおうとします。

地下に向かう道中、ヴァルカン・リサ・ユウが仲良く会話したり、泣いて助けを求める女の子をアーサーが無視することがありつつ一同は地下への入り口に到着します。

地下に入った途端、初めて入ったユウは気が狂いますがアーサーの人殴りで我に返ります。

また、リサのことを心配するヴァルカンでしたが、ジョヴァンニに対するトラウマはあるものの前に進もうとする気持ちをリサは伝えます。

アドラについて疑問に思うヴァルカンをよそに、アーサーとユウは悪ふざけしています。

その後、地下深く進んだアーサーたち。

帰り道を心配するリサでしたが、ヴァルカンが道は覚えていました。

しかし、早く帰りたいと思っていたリサが能力を発動してラスボスを演じますがアーサーにすぐばれてしまいます。

しかも、アーサーは飽きてしまったようで、それがリサの逆鱗に触れるのでした。

その直後何かを感じて真剣な顔をするアーサー。

なぜなら、2人の気配を感じたからでした。

相手を格闘術で倒そうと構えるアーサー。

しかし、影から現れたのはアーサーの両親でした。

両親の登場に一番驚いたヴァルカンたち。

地下にいることに疑問を持ったアーサーでしたが、置き手紙に書かれた一文を思い出します。

一方、これもヴァルカンのシナリオ通りなのかとリサたちは思っていましたが、予想外の状況になりヴァルカンは驚くのでした。

炎炎ノ消防隊【203話】感想

まず、ショックを受けたのは最初のコマの「地下にはない」という一文です。今回、オリハルコン探しにも関わらず早くもネタバレしてしまったと思いました。

何があるかわからない地下なのでもしかするあるのかもしれないと思っていたので残念でしたが、逆に今回の展開がどうなるか期待を持たせる効果がありよかったとも思いました。

また、ふざけたような感じとしっかりした表情というようにアーサーの表情の緩急が随所に見られてとてもよかったと思いました。

炎炎ノ消防隊【204話】考察予想

次回のキーマンはアーサーの両親になると思います。そこで、次回の予想を2つ考えてみました。

1つ目は、両親がオリハルコンの在りかを知ってるという事。ごっこ遊びでしたが、突然両親登場という事は何か情報を持っている可能性がありそうです。

2つ目は実は敵だったという事。直近ではシスタースミレのように地下で現れる新キャラは敵の可能性が高い印象があるので、実は2人は敵の可能性もありそうです。どちらにしてもアーサーに大きな影響を与える回になることに間違いないと思います。

➡炎炎ノ消防隊【204話】へ

まとめ

2020年1月15日発売の週刊少年マガジンより、炎炎ノ消防隊【203話】のネタバレ&204話の考察予想についてまとめました。

➡「炎炎ノ消防隊」のアニメ動画や最新刊を無料で読む