フラジャイル

フラジャイル【漫画原作66話】最新話ネタバレ感想!岸先生、慰安旅行です!|67話を考察

こんにちは。2019年10月25日発売のアフタヌーンより、フラジャイル【第66話】「岸先生、慰安旅行です!」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもう一度振り返りたい方はこちら

65話では、不明熱に悩まされた大学生が失恋による精神的な発熱だったことが分かり不満げな岸、さらには新薬のことで不満と疲れがたまっている榊野たちをリフレッシュさせるべく、中熊は皆を慰安旅行に連れて行くことを決めました。

➡「フラジャイル」の最新刊をお得に読む

フラジャイル【漫画原作66話】最新話ネタバレあらすじ

岸はpH測定器を片手に温泉のお湯を測っています。

スーツ姿のまま浴場にいる岸がおかしいわけであって、中熊と森井は温泉に入っています。

温泉のお湯が中性になっているから銭湯と変わらない、菌の温床だと話す岸を見て中熊はキモイ・・・、と口にしてしまいます。

何でこんなに嫌な子になってしまったんだろう、と中熊が言うと森井は指導医である中熊のせいでは?と言いますが、中熊はそれを否定します。

文句を言いつつも一応岸もお風呂に入ったようで、浴衣に着替えて髪の毛もおりています。

宿の文句を言う岸に、中熊は宮崎のために美人の湯と言われている温泉があるこの宿を選んだと反論します。

お風呂を出た男性陣の所に楽しそうにつやつやお肌になった宮崎が合流しました。

中熊と宮崎は温泉でつやつやになったことを喜びますが、岸はそれも重曹による脱脂作用と、アルカリイオンによる界面活性しているだけだと言います。

中熊はまた岸のことがキモイと思いました。

ここでようやく本郷がいないことに気付く宮崎に、榊野が教えてくれます。

悪い意味でいつもタイミングを外さないと言う本郷は今日も高熱を出して倒れていました。

その代わりに森井が緊急招集されたのです。

森井も岸も嫌々来ていて、榊野もオタ活であるインストアライブに行けないことを根に持っています。まさか楽しみにしていたのは宮崎1人なのか・・・。

そう感じながらも宮崎と中熊はこの旅行を目いっぱい楽しみます。

どうにか皆のことも盛り上げようと奮闘する宮崎でしたが、岸は蓮根を見ながら気管上皮の繊毛断面に似ていると言い出す始末で、もう宮崎もお手上げです。

酒を飲んでますます理不尽な話をし続ける岸に中熊が知識で応戦し始めました。

2人の戦いはヒートアップ!宮崎はもう現実逃避でマッサージチェアに座り最強モードでドドドドドドと刺激を受けて震えていました。

その後、食事を終えてから2人は部屋を出て旅館のあらを探し始めます。

衛生面のことを口にしながら歩き回る2人に旅館の人もまいっていて、宮崎が謝ることとなります。

食中毒がでていた可能性が見つかったところで中熊は指導のために岸から離れます。

その時岸も酔いがさめていつもの状態に戻りました。

夜皆が眠る中、岸は涼みながら酒を飲んでいました。

そこに中熊が来て岸の今後の話をします。慶楼にいつ戻るんだ、と言われる岸ですが未来のことは分からないと笑います。

朝食。

中熊に指導を受けたからか衛生管理のことでビクビクしている旅館の人に岸たちは間違っていることを指摘し、旅館の人は必死にメモを取ります。

朝までこんな感じですが、宮崎はこの慰安旅行がとても楽しかったと言います。

結果オーライです。

フラジャイル【漫画原作66話】の感想

岸先生の前髪がおりているのは新鮮ですごくかっこよかったです。というか、かわいかったです。あれは可愛さの暴力ですね。

お風呂上りから、夕食を終えて旅館の衛生検査に回っている間ずっと前髪はおりている状態だったのに、なぜか深夜吞みの時と次の日の朝は既にいつもに髪型になっていました。

何ででしょう。温泉の酸性濃度を測るところから、いつもの岸先生だー!と嬉しくなりとても面白かったです。でも現実にあんな人がいたら通報しますね。

フラジャイル【漫画原作67話】考察予想

次回は気になる”あの後”、主役は”あの人”です。とありましたが全く予想が尽きません。直近で気になるとなれば新薬のことでしょうか?間瀬がどうしているのかが気になるところではあります。

アミノ製薬で開発は進んでいるのでしょうか。同じ理由で円のことも気になります。

新薬の開発が自分達の中で終わり、気になるところはあるもののもう自分達に出来ることは何もありません。その時、円は次に何を研究し始めるのでしょうか。

➡フラジャイル【67話】へ

まとめ

フラジャイル【第66話】「岸先生、慰安旅行です!」のネタバレと感想&67話の考察予想についてまとめました。

➡「フラジャイル」の最新刊をお得に読む