ヤングマガジン

GOD OF DOG【5話】最新話ネタバレあらすじ感想|源氏名

こんにちは。2020年5月18日発売のヤングマガジンより、GOD OF DOG【5話】『源氏名』を読みました。

4話では、九州の元ヤクザである三善。九州での無茶苦茶名行動が原因で組を破門になった三善は、東京に来ています。道で出会ったヤクザを殺害した三善の狙いは神内・・・。

神内と繋がりがある風俗嬢のユナに狙いを定た三善が動き始めます。

それでは、この記事では、GOD OF DOG【5話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

GOD OF DOG【5話】最新話ネタバレあらすじ

現在、ラブホテルにいる三善。

風俗嬢を呼び、サービスを受けています。その風俗嬢の源氏名はユナ。

そのユナに対し、自分のことを嗅ぎ回っているか、と三善が尋ねます。

意味が分からないユナは、答えません。

それにキレた三善はユナに銃を突きつけ、暴行を加えるのでした。

一方、生馬目組の事務所では、組長と神内が話をしています。

その話題は、組員の桐谷について・・・。

嫁を残して桐谷が突然消えたのは、数日前です。

2人の結論は、桐谷は何者かに消された。

組長は神内に、誰の仕業か調べるように命じるのでした。

最後に、九州から厄介な流れ者がいると言い残す組長。

神内の脳裏には、ユナから聞かされた〝三善武彦〟の名前が思い浮かびます。

そんな2人の会話中、事務所に入ってきたのはハジメ。

神内の舎弟です。

ハジメは桐谷が消えた日、桐谷と一緒に集金に行く予定になっていました。

しかし、寝過ごしてしまい、謝罪の電話を桐谷にかけたのです。

その時に出たのは、変な九州弁の男。

それ以来、桐谷に電話が繋がらないとハジメは話します。

ハジメの話を聞いた神内は、桐谷が集金に訪れていた風俗店を訪ねました。

店の店長に話を聞くと、集金は桐谷が済ませたと言います。

異変を感じた神内が店の前の防犯カメラをチェックすると・・・そこには桐谷について行く男が映っています。

その顔を見て、声を上げたのは店長。

知り合いの風俗店から、客から酷い暴行を受けた風俗嬢がいるという情報が回ってきていたのです。

その男の特徴に、そっくりな男を画面に見つけ、声を上げた店長。

店長は、同じ源氏名の風俗嬢と間違えて暴行を加えたということでした。

その源氏名は・・・〝ユナ〟。

話を聞いて、神内はめずらしく動揺を見せます

ユナと自分の繋がりを知っていると言うことは、潜入捜査官だということを知っている可能性がある。

神内は急いでユナに電話をかけます。

しかし、ユナは話し中でした。その頃、ユナは店からの電話に出ています。

その内容は、追加の客の相手をして欲しいとのことでした。

仕事を終えて帰宅するつもりだったユナですが、渋々了承してホテルに向かいます。

部屋の中に入ったユナの目の前にいたのは・・・三善!!

ユナは顔を引きつらせ、冷や汗を流すのでした。

➡2020年5月18日発売の「ヤングマガジン」を『試し読み』からチェック

GOD OF DOG【5話】感想

九州から来た元ヤクザ、三善武彦。生馬目組の桐谷を殺害し、風俗嬢に暴行を加えるという無茶苦茶な人物です。

その三善が狙うのは、〝閻魔〟と呼ばれる神内。いまのところ、神内を狙うのはただの対抗意識のように思えます。

しかし、神内はユナとの関係を知られ、潜入捜査がバレる可能性を危惧しています。ユナとの関係は桐谷の電話で確かめていたので、その情報がどこから流れているのか不思議ですね。

ハジメが神内がよく呼んでいる風俗嬢の名前を知っていたのかもしれません。

GOD OF DOG【6話】考察予想

次回、ユナを救うため神内が動くと思います。その理由は、潜入捜査を隠蔽し、自身の復讐を果たすため。

ユナに電話をかける神内は、何らかの方法でユナの居場所を聞き出すでしょう。ユナの働く風俗店が生馬目組の管轄であれば、簡単に聞き出すことができます。

とにかく、神内VS三善の勝負が繰り広げられることは間違いありません。ただ、勝負と言うよりは、神内の一方的な虐殺になる可能性が高いと思います。

相手の場所が分かっていて、そこに乗り込むのであれば神内が有利ですね。

➡GOD OF DOG【6話】へ

まとめ

2020年5月18日発売のヤングマガジンより、GOD OF DOG【5話】『源氏名』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

いつも読んでくださりありがとうございます!

➡「ヤングマガジン」の最新版を無料で読む