ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ【227話】最新話ネタバレあらすじ感想|共犯

こんにちは。2020年1月23日発売のヤングジャンプより、ゴールデンカムイ【227話】『共犯』を読みましたのでご紹介します。

226話では、東京に行くことになった智春が最後に宇佐美と勝負をしたいと申し出ます。ずっと東京に行くことを話せなかった、最後に宇佐美に勝ちたいと願う智春。

鶴見立ち合いの元、一見爽やかな友達同士の別れと見えた最後の勝負ですが、宇佐美は容赦なく智春の喉を蹴り潰します。

➡『ゴールデンカムイ』の最新刊を無料で読む

ゴールデンカムイ【227話】最新話ネタバレあらすじ

もう一度智春の喉を切り潰そうとする宇佐美を鶴見は止めに入ります。

おかしないびきのような声を上げ、 目が上転した状態の智春。

早く医者に連れて行こうとする鶴見に、宇佐美は自分が気が進まなかったのに鶴見が勝負をしなさいと言ったからだと光のない目で言います。

宇佐美はいつも鶴見との時間を邪魔する智春を親友とは思っておらず、疎んじていました。

それでも親が陸軍の偉い人だから目をかけてもらっていることも、東京の幼年学校に行き鶴見に近づいていくのも、今日まで言わなかったことも許していました。

ただ、鶴見が自分を一番だと認めてくれていたということが自分のすべてだった宇佐美は、鶴見が智春に掛けた言葉が許せなかったのです。

鶴見は宇佐美に謝罪し、宇佐美が一番だと告げます。そして鶴見の持ってきた馬に智春が蹴られたということにして、共犯となります。

 

宇佐美はその事件の場所を僕の童貞喪失の聖地として何度も訪れていました。

鶴見は宇佐美をかばったことにより、北海道に左遷されます。

宇佐美を第七師団に誘い、鶴見は武田先生に兵士に敵を殺させるのは愛だと語り、どんな汚れ仕事でも従う兵士を作るのが指揮官の課題と言います。

過去編から時代は戻り、宇佐美は札幌で菊田と連続殺人犯を追います。

一方、鯉登少尉は病院で宇佐美の義手を隠すイタズラをしたり、それをインカラマッが占いで見つけたり、インカラマッに鯉登少尉がぼられたり、一見のんびりとした入院生活を送っています。

その中で、インカラマッは月島軍曹に見つからないものや探しているものはないかと占いを勧めますが、月島軍曹はそれを拒絶。

同時にインカラマッは自分が谷垣の人質なのかと尋ねますが、それも月島軍曹は答えません。

美酒を取り戻した二階堂ですが中からお箸は出てこず、出てきたのは羊羹だったのでした。

ゴールデンカムイ【227話】感想

宇佐美が意外にいろんな面で、智春くんを許していたのは驚きでした。そして、鶴見の一番であることがどれくらい宇佐美にとって大事なのかを感じました。

これまで右腕と見られていた月島軍曹やお気に入りと言われていた鯉登少尉がよく生きて生きたなと思います。

宇佐美なりに大人になって自制を覚えたのでしょうか。

宇佐美の行動の理由が分かると同時に宇佐美がなぜ札幌で役に立つのかも分かります。相手の行動が手に取るようにわかるということですよね、似ているから。

鯉登少尉が無事で良かったです。いたずらできるなら、歩けるようですし、両手も動くようになっていますし。前半が怖かった分、後半の入院編が和みました。

ゴールデンカムイ【228話】考察予想

次回予告だと杉元たちサイドがメインになりそうですが、227話の 流れを見ると今後、月島軍曹がいご草ちゃんに会うことがあるのか、インカラマッがどうなるのか気になります。

鯉登少尉たちがまた活躍するのは見たいですが、同時にのんびりしていて欲しい気もしますね。

谷垣とインカラマッは幸せになってほしいので、月島軍曹たちが密かにインカラマッの逃走を手伝う展開もいいなと思っています。

鶴見中尉は愛とか言っていましたが、 あれうまくいってるのでしょうか。むしろ、中尉以外の大事な人たちがそれぞれ出来て、中尉から離れて行ってしまっている気も。今回を見ると最後に中尉の所に残るのは宇佐美かもしれません。

まとめ

2020年1月23日発売のヤングジャンプより、ゴールデンカムイ【227話】『共犯』のネタバレ&228話の考察予想についてまとめました。

➡『ゴールデンカムイ』の最新刊を無料で読む