ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ【240話】ネタバレ考察|杉本たちにとっては漁夫の利を得るチャンス!

こんにちは。2020年5月14日発売のヤングジャンプより、ゴールデンカムイ【240話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(240話の確定記事はこちら

239話では、連絡船での戦闘後、杉本とアシリパは海賊房太郎と一時手を組むことで話がまとまります。 その頃、札幌では宇佐美と菊田が連続娼婦殺害事件の犯人を捜していました。

犯人が再び殺害現場に現れると予想した宇佐美。 夜中に菊田と共に現場へ向かうとそこにいたのはホントに犯人!

宇佐美と犯人による壮絶且つ、世にも恐ろしい精子の射ち合いが始まってしまったのです。

ゴールデンカムイ【240話】ネタバレ「まさか目には目を?」

宇佐美と犯人の華麗なるパオパオ(精子の射ち合い)は両者互角でしたが、犯人は菊田の目にパオパオをお見舞いし現場から逃走しました。

菊田の性格上、犯人に対して復讐の念に駆られるということは無いでしょうが、宇佐美は違います。

上官の菊田が目をやられたことを知って、宇佐美もパオパオで犯人の目をパオパオで射ち抜くかもしれません。

想像しただけで身の凍るおぞましさです…

ゴールデンカムイは変態たちによる漫画でもありますので、今回の変態パートは娼婦殺害事件のくだりが受け持つのでしょう。

もしもパオパオがアニメ化されたら、なんとおぞましい…でも見たい!

➡「ヤングジャンプ」の最新版を無料で読む

ゴールデンカムイ【240話】ネタバレ「鶴見中尉と土方歳三」

金塊を狙う3グループ(杉本組・鶴見組・土方組)がいよいよ札幌に集結しそうです。アシリパの情報は最後の謎を解く鍵。

その前にパズルのピース(人皮)を揃えなければなりません。

鶴見と土方はそのピースを揃えようと競い合っており、互いが持つピースを虎視眈々と狙っています。

ですから、鶴見も土方も杉本たちは後回しでいいのです。

むしろ自分たちがピースを集め終えるまでは、杉本にアシリパを守っていて欲しいとさえ考えているでしょう。

有古の存在に気づいた菊田の連絡によって鶴見たちは札幌へやって来ます。どうやら札幌編は鶴見と土方の戦いがメインになりそうですね。

ゴールデンカムイ【240話】ネタバレ「杉本たちにとっては漁夫の利を得るチャンスかも?」

杉本たちは鶴見や土方よりもピース(人皮)の持ち数が少ないです。

しかし、完成したパズルの謎を解く鍵を持っているのは杉本たち。

なんせアシリパがいます。

さらに、アイヌが金塊を最初に集めた場所を知る?閃く?房太郎も仲間になりました。つまり、ピースさえ揃えば、戦力的に劣る杉本たちでも、鶴見や土方を出し抜くことが可能なのです。

おそらく杉本たちは少し遅れて札幌に来るでしょう。

そして鶴見と土方が戦い、消耗したところを狙いピースをかっさらう作戦を立てるかもしれませんね。

まとめ

2020年5月14日発売のヤングジャンプより、ゴールデンカムイ【240話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(240話の確定記事はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

➡「ゴールデンカムイ」の最新刊を無料で読む