五等分の花嫁

五等分の花嫁【113話】ネタバレあらすじ感想|最後の祭りが風太郎の場合

こんにちは。2019年12月4日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【113話】「最後の祭りが風太郎の場合」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

112話では、五つ子が集合して一緒に後夜祭を楽しみます。五つ子の行きたいところを順に、一花のライブ会場、二乃のパンケーキ、三玖、四葉の屋台の授賞式、そして五月のポップコーン屋を回って行きました。

そして彼女らはそれぞれの待ち合わせ場所に別れ風太郎を待つことにします。

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画と最新刊を読む

五等分の花嫁【113話】最新話ネタバレあらすじ

風太郎は武田、前田とともに後夜祭でおしゃべりしていました。

明日からまた日常を寂しがる前田は授業が楽しみと言う風太郎と武田を異常者呼ばわりします。

前田は屋台に誘うと風太郎は行きたい店があるとしつつその後会う約束をしている奴等がいると言いました。

前田は五つ子姉妹を授賞式で見かけたと言い、なぜか一花だけは見分けることができると言います。

武田は風太郎に見分けられるか聞き、自信ないけどできると思うとし、今まで彼女らにそれでだまされて懐かしそうに困った奴等だと言いました。

武田に誰から見分けられるようになったか聞かれると風太郎は誤魔化し、前田に彼女らの中の誰かが好きなのかと聞き風太郎は黙ります。

武田が受験があるのにそんな余裕あるのかと聞かれても黙っており、前田は自分が告白しに行くから風太郎もそうするようにと言いました。

それをいさめようとする武田ですが、風太郎は武田の言葉を肯定しつつ、学業以外を捨てる必要がなかったことを五つ子姉妹に教えられたと言い、昔のままなら今もこの時も一人だったと言います。

風太郎は彼らを屋台に誘うのですが、その時風太郎たちが作った休憩所をありがたがる女生徒を見て風太郎は嬉しそうにしました。

五月が風太郎に待ち合わせのことを伝えた時、待ち合わせ場所をそれぞれ別にすることに風太郎はそこまでする必要はないと言いますが、五月は風太郎が気にすべきはたったひとつの行くべき場所、それが自分たちの覚悟だと言います。

後夜祭の終了のアナウンスが流れてから、風太郎はある部屋の扉を開けました。

それに対し、姉妹はそれぞれ反応し、二乃に元には三玖が訪れて終わったことを告げ2人は抱き合います。

一花は風太郎に姉妹それぞれを缶ジュースに例えて選ぶように迫った時、風太郎がジュースを選んでいたことを思い出していました。

そして四葉はスマホを忘れて保健室に取りに行くとそこに風太郎がいました。

五等分の花嫁【113話】感想

今回のサブタイトルは風太郎の場合とあるので風太郎の学園祭をまた描いて彼が誰を選ぶのかはまた来週以降になるのかと思いました。

あるいは結局誰も選ばないで終わるのではないかとも思っていたのですが、最後にちゃんと選んでいたので驚きました。

四葉というのはありがちすぎて逆にないのではないかと思っていたのですが、やっぱり彼女なのかと新鮮さと納得の気持ちを両方感じます。

そして二乃と三玖が抱き合う様子と一人外を眺める一花が切ないです。あと風太郎の五つ子姉妹全員への想いも描かれており、今回は名エピソードだったなとしみじみ思いました。

五等分の花嫁【114話】考察予想

風太郎が選んだのは四葉でしたが、彼女は五つ子姉妹一番の問題児なのですんなり風太郎と付き合うということはないでしょう。

姉妹の幸せを第一に考えている彼女ですから、他の姉妹に遠慮して風太郎とは付き合わず、それで五つ子姉妹間で揉め事になるのではないでしょうか。そこで活きるのは以前風太郎がブランコの飛距離を気にしていたことだと思います。

また2人でブランコをこいで語り合うことがハイライトになるのではないでしょうか。あと風太郎と四葉が上手くいかない様子を見て、一花、二乃、三玖がまた風太郎にアプローチし出したら面白いのではないかと期待しています。

➡五等分の花嫁【114話】へ

まとめ

五等分の花嫁【113話】「最後の祭りが風太郎の場合」のネタバレと感想&114話の考察予想についてまとめました。