五等分の花嫁

五等分の花嫁【96話】最新話ネタバレあらすじ感想|97話を考察!

こんにちは。2019年7月31日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【第96話】「進み続ける日常」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

漫画の最新話ネタバレ
五等分の花嫁【95話】最新話ネタバレあらすじ感想|96話を考察!こんにちは。2019年7月24日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【第95話】「分枝の時②」を読みましたのでご紹介します。 94...

95話では、女優業に集中するため退学の意志が固い一花でしたが、風太郎と三玖はバイトで貯めた出演料を持って家庭教師と生徒の映画を撮るから出演して欲しいという奇策で持って一花の退学を止めようとします。

それでも心動かない一花でしたが、三玖が風太郎の本音、一花への感謝の気持ちを暴露し、さらに風太郎は足りない出演料を一花に貸してくれと言うことで一花の気持ちを動かし休学にすることができました。

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画と最新刊を無料でいますぐ読む

五等分の花嫁【96話】最新話ネタバレあらすじ

五つ子4人の登校を見守る一花は郵便ポストをチェックすると旭高校の学園祭のちらしが入っていることに気付きます。

二乃、三玖、四葉は放課後なのに学園祭の準備で人が多いことを感慨深げに見ました。

二乃は大学の入門判定さえなければと嘆き、3人は学園祭が終わったら受験まっしぐらであることを話します。

そこに現れたのは担任教師で、四葉を職員室に呼ぶのでした。

四葉が出ると別の戸から五月が出て来て授業で分からないところを質問をしに来たと言い、四葉は学園祭のだしものを決めることをだと言います。

3年生は屋台という習わしなので食べ物のことを話すのですが、五月は食いつかず四葉は意外に思いました。

教室に行くと風太郎が1人で勉強しており、その横顔に四葉ははっとさせられます。

一花に自分のやりたいことをやって欲しいと言われたことを思い出す四葉ですが、風太郎に見つけられてどうしようか悩むと、風太郎は時間を無駄にできないと言うので話さず去るのでした。

四葉は胸のたかなりにとまどうのですが、風太郎は追いかけてきて後ろから声をかけます。

風太郎は既に屋台のことを聞いており、2人で決めることを話すのですが、四葉はさきほど時間を無駄にできないと言われたことを持ち出すと、最後の学校行事だから無駄になんかできないと言いました。

そして一緒に去年の屋台のデータ聞き込みに行くことにし、風太郎に「頼りにしているぞ」と言われた四葉の澄み渡り任せてくださいと言います。

それから教室で去年の屋台の人気メニューを出しクラスで意見を聞きます。

二乃は1位のタコ焼きに1票入れ、風太郎がリスト調べてくれたことに評価していました。

前田と武田に好評ですが、女子は不満そうです。風太郎は三玖に話しを振るとパンケーキを挙げ、他の女子が絶賛します。

後日話し合うことにすると、四葉の元にバンドや親戚に招待状送りたい人、被服部が相談に来て、風太郎はなぜ自分には来ないと問う三玖が人望と言います。

二乃と三玖は調理する気になっており、そこに四葉が来て「1ミリも悔いの残らない学園祭にしましょう!」と言うと、風太郎は照れた様子で前髪を触りました。

そして風太郎は二乃、三玖、四葉と帰宅します。

夜、一花の家庭教師で風太郎に大学の入試判定を聞くとA判定で、他の皆もよろしくと言うと、風太郎は自信を持って勉強と学園祭が上手く行くことを話します。

しかし、四葉は他の生徒の相談に乗っており、二乃と三玖は何やら顔に汗を流す事態に直面、そして五月はD判定の用紙を持って無表情で夜道を歩いているのでした。

五等分の花嫁【96話】を読んだ感想

学園祭編スタートですが、期待通り学級委員長の四葉の感情が動き出しています。

以前は風太郎と普通に接することができていたのに、一花に自分のやりたいことをやるよう言われた影響か、風太郎にときめく様子はとても可愛らしくてなりません。

そして風太郎に頼られることで感じ入る様子を見せる四葉もまたとても可愛く、そして四葉に無邪気な笑顔を向けられて照れてしまう風太郎の様子を見ると、この学園祭編で2人の仲はぐっと親密になるのではないかと期待しています。

ですが五月は1人悩んでいるようでそれが心配でなりません。風太郎と四葉の活躍に期待しています。

五等分の花嫁【97話】を考察

一花に自分のやりたいことをやるよう言われてから風太郎に胸をたかならせる四葉ですが、風太郎とは学級委員長同士なので2人の仲が進展することは間違いないでしょう。

しかし、四葉は姉妹思いなので他の姉妹に遠慮をしてしまいます。特に五月は大学入試判定の結果が悪いようなのでそこが2人の仲に水を差すのではないでしょうか。

そして風太郎がいつになく自信満々の様子を見せていることも不安で、この漫画の初期の方で風太郎のモノローグで自分がバカであることに気付くのだったみたいのがありましたが、今回また風太郎は自分がバカであることを思い知らされるのではないでしょうか。

以前五月が1人泣きながら勉強していた頃の焼き直し回が来るのではないかと思います。そして五月と風太郎の2人の様子を見て四葉がまた自分の気持ちを押し隠すように思うのですが、そう言えば四葉は卒業後どうするかが出ていません

二乃は大学進学のようですが四葉の描写は出ておらず、もしかしたら五月よりやばい状態なのではないか、それが物語の最後の山場になるのではないかと思いました。

そして最後のページで二乃と三玖は何やら問題に直面していた様子を見せますが、2人は今回屋台の調理をする気になっていたのでその実験作がひどいありさまだったのではないかと予想しています。

漫画の最新話ネタバレ
五等分の花嫁【97話】最新話ネタバレあらすじ感想|98話を考察!こんにちは。2019年8月7日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【第97話】「変わり始める日常」を読みましたのでご紹介します。 ...