五等分の花嫁

五等分の花嫁【115話】最新話ネタバレ確定&感想!風太郎と四葉は付き合う?

こんにちは。2019年12月25日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【第115話】『五通りの朝』を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

114話では、四葉は自分を選んだ風太郎を拒否し、自分よりもっと良い人がいると言います。風太郎は食い下がり四葉の気持ちを尋ねると彼女は逃げ、風太郎は五月に四葉の逃げた方向を聞き追いかけ、転んで動けないでいると四葉から寄って来て捕まえました。

そして四葉と支え合う関係になりたいと言い、四葉の気持ちを尋ねると、四葉は風太郎を拒否しないといけないと思いつつ、自分も風太郎が好きだと伝えます。

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

五等分の花嫁【115話】最新話の考察予想

五等分の花嫁【115話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方は飛ばしてくださいね。

五等分の花嫁【115話】両想いの風太郎と四葉だけどすんなり2人は付き合える?

ついに互いの気持ちを伝えあった風太郎と四葉ですが、彼らの間には大きな問題があります。それは五つ子の転校のきっかけは四葉の追々試のせいで、彼女は姉妹にとても大きな負い目をもっていることです。

それにより彼女は自分よりも姉妹の方が幸せにならないといけない、自分はその手伝いをしないといけないと思っています。

姉妹は風太郎が好きだけど、その風太郎は自分が好きだし、自分も風太郎が好き・・・
と、複雑なことになっているので四葉は喜んで風太郎と付き合うということはできないでしょう。

それを何とかするのはきっとその姉妹当人たちで、以前修学旅行で誰が勝ってもお祝いできるという結論になったことから姉妹4人が四葉に優しい言葉をかけてくれると思います。

五等分の花嫁【115話】風太郎と四葉の進路はどうなる?

五つ子姉妹の中で高校卒業後の進路がはっきりしていないのは四葉だけです。風太郎も大学入試判定がAとなっていましたが、どういう大学に行くのかははっきりしていません。なのでそれも次回の展開に関係してくる可能性が大きいです。

五つ子の父親は医者なので風太郎も医者を目指すと考えたいところですが、風太郎は4年後仕事で忙しいので6年生の医大は考えにくいです。でも海外の大学なら飛び級ができるかもしれません。

そして四葉は風太郎の顔を見て以前一花にやりたいことを探すよう言われたことを思い出していたので、風太郎に合わせて針路を考えるような気がします。

風太郎が医者を目指すなら四葉も医者か看護士、風太郎がそれ以外の大学なら四葉も同じ大学を目指す展開になるのではないかと予想しました。

五等分の花嫁【115話】全ての鍵は勤労感謝の日にあり!?

勤労感謝の日は11月23日ですが、この日に大きなイベントが起こると思います。風太郎たちが高2の時、風太郎と四葉はこの日にデートしており、四葉お気に入りの公園で彼女は次はみんなで来ようと言いました。

なので高3のその日は風太郎と五つ子の6人が集まることが予想されます。そこで風太郎と四葉が4人に祝福される、あるいは亀裂が入った五つ子の仲が修復されることになるのではないでしょうか。

以前はそこで2人でブランコで遊んだものですが、今度は6人で仲良く遊び高校生編が終了し、最後の風太郎と四葉の結婚式の話しになるでしょう。

そこでは膨大なドレスが用意されていることが分かっているので、五つ子ゲームが行われ風太郎は花嫁に指輪をはめ、他の全員も誰か一人ずつ当ててこの作品が終わると予想しています。

五等分の花嫁【115話】最新話ネタバレあらすじ

学園祭の翌日、休日だった風太郎は一花と待ち合わせしていました。

ぼやく風太郎ですが、一花は息抜きしたいこと、そして四葉には連絡してあることを伝えます。

屋内運動場で2人はバドミントンをし一花は女優の先輩やスタッフと出かけるといつも食事になることをぼやき、風太郎は死にそうな顔で返事をしました。

一花は楽しそうな顔をしながらラケットを振ります。

そして一花は自分が周りに大人びて見られるから運動に付き合ってくれるのは姉妹と風太郎だけだと言い、彼にそこに惹かれたからそのままでいて欲しいと伝えました。

風太郎はそれを聞くと空振りしてしまいます。

風太郎が彼女に四葉から何も聞いていないのかと問うと、一花は昨晩は父親と一緒の食事だったので風太郎のことを話題にできなかったと言いました。

一花が促すと風太郎は昨夜のあらましを伝え、一花は大興奮します。

四葉は風太郎に好きだと伝えた後、まだしないといけないことがあるからと言い、2人はまだ付き合っていません。

四葉は今朝、一花が起きた時にはもういなかったそうです。 悩む風太郎に対し、一花は彼はまだ誰のものでもないと思いつつも、彼の背中をたたき勇気づけるのでした。

そして一花は二乃に誰が選ばれても祝福したかったと言っていたことを思い出します。

一花は風太郎から四葉を好きだと言っていないと指摘し、また自分に練習してもいいと言って彼をからかいました。

その頃、二乃は四葉を突き飛ばしており、彼女にもう一度言うように言います。

四葉は今までの事を二乃に謝らないといけないと言い、二乃は自分が彼のことを好きだと分かっていて昨日のことをしたのに心配されたくないと言うと、四葉は家族だから心配だと言い返しました。

すると二乃はこのままの関係が続くなら姉妹の縁を切ると言います。

一花が帰宅すると五月しかおらず、2人が付き合っていないことを伝えると五月は他のみんなのことを考えると素直に祝福できないと顔を曇らせました。

その頃、風太郎は狸の置物相手に好きだと伝える練習をしています。 そして夜の波止場で四葉は風太郎か姉妹か選ばないといけないと考えていました。

そこに三玖が来ると、なんと彼女は四葉の変装をして自分が四葉だと名乗ります。

なんと彼女は自分が選ばれないなら四葉に成り代わって風太郎と付き合うと言い出し、四葉は倫理的にダメだと伝えるのでした。

五等分の花嫁【115話】感想

すんなり2人が付き合うわけがない、姉妹の仲はどうなるのかと心配していましたが、やっぱり四葉の心境的に自分立場を喜べないようです。

風太郎と姉妹のどちらかを選ばないといけないと四葉は思っているようですが、きっとどちらも選ぶという展開になるでしょう。

今回は一花回と言いますが、昨日の今日で彼女が風太郎とデートするとは予想しておらずとても驚きました。 彼にふられたはずの彼女ですが、かえって気が楽になったのか、はたまた無理しているのか明るくて良かったような切ないような複雑な気分です。

そして二乃と三玖ですが、四葉との関係がこれからどうなるのか気になってしょうがありません。 二乃激怒の件はきっと四葉が気を回し過ぎたせいでしょう。 そこら辺上手くいって欲しいなと思いました。

五等分の花嫁【116話】考察予想

三玖は以前自分の恋が叶わないことを知っていると考えていたことがありました。 次回の四葉と彼女の語らいでその理由が明かされて欲しいものです。 そして風太郎から好きだと言う件と姉妹間の仲のことですが、決着はやはり勤労感謝の日の公園ではないでしょうか。

作中の昨年の勤労感謝の日では風太郎と四葉がデートでその公園でブランコをこぎ、四葉は今度はみんなで来ようと言いました。 それが果たされることになると思います。

風太郎はブランコの練習をしていた時があるので、四葉とブランコでの飛距離勝負を他の姉妹の見ている前でやり、そして風太郎は好きだと伝えてハッピーエンドになるでしょう。

➡五等分の花嫁【116話】へ

まとめ

五等分の花嫁【第115話】のみどころやのネタバレと感想&116話の考察予想にについてまとめました。

➡五等分の花嫁【12巻】のサンプルを読む