五等分の花嫁

五等分の花嫁【116話】ネタバレあらすじ考察&感想!三玖が風太郎に?

こんにちは。2020年1月8日発売の週刊少年マガジン6号より、五等分の花嫁【116話】のネタバレ考察についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

115話では、学園祭が終わった翌日、風太郎は一花と待ち合わせ一緒に運動してから四葉と両想いであることが発覚したけれどまだ付き合っていないことを報告します。

四葉は二乃に心配だと言い姉妹の縁を切ると言われ、次に三玖と会うと自分が四葉になって風太郎と付き合うと言われました。

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

五等分の花嫁【116話】最新話ネタバレあらすじ

2020年1月8日発売の週刊少年マガジン6号を発売までお楽しみください。発売後に追記します。

五等分の花嫁【116話】三玖は本当に四葉になりかわって風太郎と付き合うつもりなのか!?

姉妹たちにけじめをつけようと二乃、三玖の順に会う四葉ですが、三玖はなんと四葉と同じリボンをつけて四葉になって風太郎と付き合うと言い出し四葉を唖然とさせました。

もちろんそれは三玖の本心ではないでしょう。なぜなら姉妹で一番姉妹の変装が得意な彼女のですから、本気で四葉になりかわる気なら一目で三玖だと分かるようなずさんな変装はしないはずです。

彼女の意図は当然、姉妹のことを気にして恋に集中できない四葉に渇を入れることでしょう。風太郎をいただいていいのかと問い、四葉はそれは嫌だと言う展開になると思います。

五等分の花嫁【116話】風太郎の四葉への告白は練習通りに行くのか!?

狸の置物相手に告白の練習をする風太郎ですが、こういうのは練習通りに行かないものでしょう。風太郎が緊張して失敗するのか、四葉側の問題、あるいはなんらかの邪魔が入るのかもしれません。

ならばどうなるのかと言うと、四葉お気に入りの公園のブランコが鍵になると思います。
2人は昨年の勤労感謝の日のデートでブランコで楽しみ、四葉はそこから飛んで自身の新記録を出しました。

そしてその公園で武田、マルオと待ち合わせしていた際、風太郎はブランコから飛んで四葉の記録を気にしている様子が見受けられました。

となれば、風太郎は四葉とブランコ勝負をして勝ったら付き合うみたいなことになる可能性が高いでしょう。

五等分の花嫁【116話】四葉は風太郎と姉妹、どちらをとる!?

風太郎と姉妹、どちらかをとらないといけないと悩む四葉ですが、当然結論はどちらもとるということになるのは間違いないでしょう。

問題はその過程ですが、風太郎は修学旅行時に四葉に幸せになるためには選ばないといけない時が来ると言っていましたが、学園祭の時は何か切り捨てる必要はなかったことを五つ子に教えられたと語っていました。

なのでなぜそういう結論になったのかを風太郎が四葉に話すことになると思います。
場所はやはり四葉お気に入りの公園になる可能性が高いでしょう。

まとめ

2020年1月8日発売の週刊少年マガジン6号より、五等分の花嫁【116話】のネタバレ考察についてまとめました。