五等分の花嫁

五等分の花嫁【118話】最新話ネタバレあらすじ感想|五月の思い出

こんにちは。2020年1月22日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【118話】「五月の思い出」を読みましたのでご紹介します。

117話では、下田に素直に2人を祝福できないのは男が好きだからと言われ悩む五月。そんな折、風太郎に昼食を誘われるのですが、なんと四葉と二乃も一緒に食事をして気まずい思いをします。

険悪な空気を察し、二乃を連れ出した五月ですが二乃に拒絶され、みんなを探す風太郎と合流して空き教室を探すと、なんと四葉と二乃がやってきて思わず隠れてしまう2人でした。

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

五等分の花嫁【118話】最新話ネタバレあらすじ

二乃は幼い頃に勝手に変わって行く四葉のことを思い出しながら、1人変わって行く彼女が疎ましかったとなじります。

四葉は自分勝手なことを頭を下げてわび、だけれども自分の願いは自分と風太郎の付き合いを認めてもらうことだと言いました。

なぜ自分がそんなことを認めないといけないのかと言う二乃ですが、その時物音がして2人は疑問に思いましたが、チューという鳴き声からネズミがいるだけだと納得します。

物音は風太郎がドアを開けようとしたからで、次はスマホで2人に出て行ってもらおうとするのですが、五月は画面が光って見つかるからと止めました。

教室から出ようとする二乃ですが四葉が手を握って止めると、二乃は勝手に付き合えと激高します。

四葉はそれは自分と風太郎だけの問題ではなく、五つ子も含めた問題なので彼との関係を認めて欲しいと言いました。

しかしそれはすぐではなく、何年かけても自分の想いがどれほど強いかを見ててほしいと言います。

二乃が自分がすぐに納得できないのを分かった上で茨の道を進むのかと問うと、四葉は風太郎と同じくらい姉妹が好きだからと答えました。

2人は姉妹はこれからずっとライバル関係だと話し、二乃は自分の気持ちもおさまらないから四葉が油断したら風太郎を奪うと宣言します。

四葉がそれを了承すると、二乃は2人に出て来るように言うのでした。

二乃は風太郎にそういうことだから油断しないようにと宣言し、五月は厄介な姉妹に手を出したものだと言います。

そして五月は自分のもやもやの正体が他の姉妹のことを考えていたからだと察しました。

五月は塾で恋に破れて泣く生徒を恋の記憶はあなたをより輝かせるから手放さないでと慰めます。

そして零奈として風太郎に初めて会った時、お守りにあるものを入れたことを思い出し、スマホに貼った五月、風太郎、らいはのプリクラを見つつ、風太郎を心の中で祝うのでした。

五等分の花嫁【118話】感想

一体どうなることかとハラハラしていたのですが、かなり穏便に済んでほっとしました。やはり風太郎と四葉の仲は他の姉妹なくしては成り立たないものだということなのでしょう。

林間学校の最終日の夜に6人で指をつないでいましたが、彼らの絆は永遠なのだなとほっこりしました。

二乃の恋もまだまだ終わらないようでこれから彼女がどうするのか楽しみにしています。
そして五月の恋はどうなのかと思ったら、姉妹と友人が心配だっただけのようでほっとしました。また零奈の登場があるかと期待していましたがないようで、しかしずっと謎だったお守りの中身の正体が分かってすっきりさせられた回です。

五等分の花嫁【119話】考察予想

主要キャラの問題は受験以外済んだようなので次回は風太郎と四葉の二度目のデート回が見たいものです。激動の回が続いたのでそろそろ2人がのんびりと素直に楽しむ様子を見せてもらえたらとても面白いことでしょう。

他に問題があるとすれば五つ子の義父のマルオのことで、もし彼が風太郎と四葉の仲を知ったらどうするのでしょうか。今更大反対して家庭教師をクビ、マンションに出入り禁止とはならないと思いますが、もし彼に知られたら少し怖いなと思いつつもどんな反応をするか見てみたいものです。

あと風太郎が大学のどんな学部を志望し、そしてどんな将来を考えているのかも明かされて欲しいものです。

➡五等分の花嫁【119話】へ

まとめ

2020年1月22日発売の週刊少年マガジンより、五等分の花嫁【118話】「五月の思い出」のネタバレ&119話の考察予想についてまとめました。

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画や最新刊を無料で読む