男性向けまんが

機動戦士ガンダム サンダーボルト【126話】最新話ネタバレ感想!

こんにちは。2019年10月25日発売のビックコミックスペリオールより、機動戦士ガンダム サンダーボルト【第126話】「宇宙へ③」を読みましたのでご紹介します。

125話では、悪夢の一年戦争終結から1年後。 連邦軍はサイコ・ザクを所有していたカルト教団南洋同盟を殲滅すべく最新巡洋艦スパルタニアンにイオのアトラスガンダムを派遣するが、ジオン残党軍を裏切ったダリルに撃破されるのだった。

➡「機動戦士ガンダム」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

機動戦士ガンダム サンダーボルト【126話】最新話ネタバレあらすじ

南洋同盟は壊滅したがサイコ・ザク32機を宇宙への射出に成功したダリルであったが、彼の地上での戦闘は続いていた。

追撃する連邦軍の戦闘機フライマンタ。

ミサイル攻撃のタイミングを読み回避するダリルたち。

しかし、ド・ダイもサイコ・ザクも弾薬は既に尽き反撃もままならない。

そこに現れたジオンのガウ攻撃空母とドップ戦闘機が、フライマンタを次々と撃沈していく。

とりあえずの危機は回避されたが、南洋同盟にはガウを保有していない。

緊張が走る中、サイコ・ザクに通信をしてきたのはガルシア、そしてジャニスたちだった。

訳ありのジオン残党軍を指揮するガレ中佐は、今は商売人だとしてダリルと取引をしたいと話を持ちかける。

こちらの望みを叶えるならば、ダリルたちを宇宙に連れて行くと言うのだ。

ダリルはジオンを裏切ったことで、関係の無い多くの人々が死んだとジャニスに頬を叩かれるが、南洋同盟の目的は自分は語れないがやる価値はあると答えるのだった。

それを聞いて今度は私達を置いていかないでと言いジャニスはダリルを抱きしめるのだった。

ガレはダリルたちをアジア各地から集めた多数の仏像や文化財が眠る保管庫に案内する。

火事場泥棒には違いないが、これらを宇宙に上げなければ商売にならない。

一方、早く次の戦場に向かい仲間と合流したいダリル。

スパルタニアン撃墜で連邦軍の監視が厳しくなる中、腕の立つ用心棒としてダリルはがガレたちと行動を共にするのだった。

機動戦士ガンダム サンダーボルト【126話】の感想

サイコ・ザクといえば巨大なプロペラントタンクを装着して宇宙を縦横無尽に飛び回るイメージだが、地上では自力飛行出来ないのは「ガンダム」という世界観でのルールを逸脱することなく守っていて安心した。

ガレたちの闇商売は本来褒められるべきではないが、ダリルにとっては、既に裏切りや南洋同盟での多くの犠牲を体験したからか、宇宙に帰還出来れば何をやっても構わないと割り切った感じが読み取れる。

仏像を密輸に関わるだけにバチが当たらなければ良いと思います。

機動戦士ガンダム サンダーボルト【126話】考察予想

今回の舞台となったガウ攻撃空母は「ガンダム」の設定を知る人ならば、アレは大気圏用の兵器であることは承知しているだろう。

現在は太陽光発電で地上に降りる必要はないが、ジオンであれば大気圏再離脱可能な巡洋艦ザンジバルか、または宇宙用シャトルHLVに乗り換えなくてはいけない。

ジオン残党のガレにそれらの宇宙船が用意できるのか疑問だが、敵である連邦軍の検閲が厳しくなる中、そこで最低1回以上の戦闘があると予想されます。

まとめ

機動戦士ガンダム サンダーボルト【第126話】「宇宙へ③」のネタバレと感想&127話の考察予想についてまとめました。

➡「機動戦士ガンダム」のアニメ動画と最新刊を無料で読む