週刊少年チャンピオン

ハリガネサービスACE【59話】最新話ネタバレ感想|下平VS嶋の最初の対決の結果は?

こんにちは。2020年1月23日発売の週刊少年チャンピオンより、ハリガネサービスACE【59話】を読みましたのでご紹介します。

58話では、下平のブロックアウトを狙った攻撃やフェイント攻撃と言ったサーブの要素を取り入れた攻撃で点を取ります。

そして、下平のサーブの番となり松本修学館は嶋を投入。そして、下平はジャンプスパイクサーブを放つのでした。

➡「週刊少年チャンピオン」の最新版を無料で読む

ハリガネサービスACE【59話】最新話ネタバレあらすじ

下平が放ったジャンプスパイクサーブ相手コートのコーナーを狙っていました。

しかし、嶋には落下地点の予測がついており、彼独特の低い姿勢で落下地点へ。

嶋のレシーブはきれいにセッターへ飛んでいきます。

そして、アミルが決めて松本修学館がブレイクします。観客も下平のサーブを1本で切ったことに驚き大歓声。

嶋がレシーブを処理できた理由は下平のスパイクサーブであれば処理するのは簡単だったからでした。

そして、下平もこの結果を予想していたのか少し落ち込んでいました。

続いてのプレーでは成宮が攻撃をしようよしますが、松方は成宮が跳んだ地点より短めのトスを上げます。

ブロックで跳んだ相手も松方のプレーに驚いていますが、成宮はスパイクを決めます。

このプレーで成宮に関心を抱く観客ですが、中学でこのような人物がいたのか気になっていました。

プレーが進み、11対15で豊瀬が4点ビハインドの状況となりコートチェンジします。

そして、サーブが下平の番となり、連続でのサービスエースを期待する観客たち。

一方の松本修学館も嶋をコートに残し下平対策は万全の状況。

サーブを打とうとする下平ですが、先ほどのサーブでいくつか気付いたことがありました。

それは、普通のスパイクサーブも無回転サーブも嶋には通用しないという事。

一方、嶋は無回転サーブが予想外の動きのことでした。

しかし、下平が狙ったのはスパイクサーブでネットを狙い軌道を変えることでした。軌道が変わり処理ができなかった嶋。

そして、下平は嶋を倒すことを心に決めるのでした。

ハリガネサービスACE【59話】感想

3セット目となり、下平VS嶋の最初の対決は嶋の勝利でした。無回転サーブもジャンプサーブも通用しなくなすすべが無くなってしまい下平はピンチを迎えてしまったのではないかと思いました。

しかし、次の勝負ではジャンプサーブに無回転の時の必殺技ともいえるネット狙いを組み合わたサーブでサービスエースを決めていましたが、これを自分のサーブの番が来るまでに考えたのはすごいですけど、それを決めるサーブのセンスはもっとすごいと思いました。

ハリガネサービスACE【60話】考察予想

次回は下平が何点サービスエースを決めるか非常に楽しみです。ジャンプと無回転のいいところを組み合わせたサーブを最後に決めていましたが、これで嶋には何が来るのかわからず混乱してしまうのではないかと思うので、この先もサービスエースが続くと思います。

しかし、アミルが何か気づいて状況を打開するという可能性もありそうです。

その一方でもう一つ期待しているのが、成宮があと何点決めるのかという事です。3セット目は成宮と下平が大活躍するセットだと思うのでこの先どうなるのか楽しみです。

まとめ

2020年1月23日発売の週刊少年チャンピオンより、ハリガネサービスACE【59話】のネタバレ&60話の考察予想についてご紹介しました。

➡「週刊少年チャンピオン」の最新版を無料で読む