はじめの一歩

はじめの一歩【1349話】最新ネタバレ確定感想!激闘の後に!

こんにちは。ひらりです。

2021年8月4日発売の週刊少年マガジンより、はじめの一歩【1349話】「激闘の後に」を読みました。

1348話では、鷹村の試合の様子を見て、宮田は鷹村の右目が見えていない可能性を完全否定しました。

やはり鷹村はすごい、そのことを改めて思い知った青木たちはすぐに鷹村の元に走りましたが、鷹村は既に帰らされていました。

一方の鴨川は喜ぶではなく意味深な反応を見せていたのです。

それでは、この記事では、はじめの一歩【1349話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

はじめの一歩

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT初回限定31日間無料!

入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1!

『はじめの一歩』も7月1日から131巻解禁です(ポイント購入)

▼はじめの一歩を見てみる▼

はじめの一歩【1349話】最新ネタバレ「八木に伝えることとは?」

鷹村を帰らせた後、大きなため息を吐いて床に座り込んだ鴨川は八木に何かを言おうとして前回の話が終わりました。

かなり深刻そうな様子だったので、鴨川自身重大な決意を固めていると見て間違いないでしょう。

鷹村が本当に5階級制覇を成し遂げるところをこの目で見てみたいと言っていた鴨川ですが、

今回鷹村勝利の後、ベルトをやるという言葉にはあまりいい反応をしていませんでした。

それは自分がもうボクシングから離れようと思っているからではないでしょうか。

はじめの一歩【1349話】最新ネタバレ「離れる理由」

まだまだ元気そうな鴨川がボクシングから離れる必要はないと思いがちですが、鴨川は既に80歳を超えているほどの年齢です。

いつまでも会長の座につき、選手のセコンドでいることが難しいと思い始めたのではないでしょうか。

もし病気などをしていなくても、それほどの高齢であればいつどんな理由でこの世を去るのか分かりません。

突然いなくなってしまうことで周りに迷惑をかけるぐらいなら去り際を自分で決める、鴨川はそんな男です。

はじめの一歩【1349話】最新ネタバレ「ジムの後継者」

もしも本当にボクシングから離れるとしても、鴨川ジムは存続させるつもりです。

そのためには会長を継いでくれる人物が必要ですが、それは八木や篠田ではなく一歩に任せるのではないでしょうか。

既に現役を退くもセコンドとして選手を支えて来た一歩であれば戦略も練ることが出来ます。

八木にそのことを伝えた後、一歩にも直接話しますが一歩は勿論その話を断ります。

それは鴨川に続けて欲しい、また自分は宮田との再戦を少し希望しているなど色々な理由が挙げられます。

そして何より、鴨川が会長でなくなるのであれば鷹村は5階級制覇をしないと言い出すかもしれません。

ボクシングをする鷹村にとって、鴨川は全てです。

自分のためというよりも鴨川を喜ばせたいがために戦っている節があるので、鴨川の決意を全力で拒絶するでしょう。

はじめの一歩【1349話】最新話ネタバレ確定「激闘の後に」

鴨川と八木が向かい合う後ろでは、青木たちが先ほどの試合の感想を話して盛り上がり続けています。

その言葉も耳に入れながら、八木は良い夜だったと言った鴨川の言葉に同意します。

鴨川は試合中の張り詰めた空気や高鳴ること堂、体中が燃え上がり心躍る瞬間の全てが自分に生きている実感を与えると言います。

改めて、ボクシングがとてもいいものだと感じていました。

鷹村の文句

一方、強制的に帰らされることになった鷹村は車の中でずっと文句を言っています。

興奮冷めやらぬ状態で、祝勝会をし、持ち上げられて気持ちよくなりたいのです。一歩は後日行うからと鷹村を収めます。

鴨川も本当は騒ぎたいはずだと言っている鷹村に、一歩は無理をした鷹村に一刻も早く休んで欲しいのが鴨川の気持ちだと話しました。

今日の鷹村は一歩から見ても三階級制覇が確実だと思えるくらいの絶好調でしたが、怪我の後遺症が残る可能性は否めません。

鴨川

この一勝のために鷹村の選手生命をかけていいのかは鴨川も葛藤して辛そうにしていましたが、

それでも行けと言えるのは鴨川と鷹村の間に信頼関係があるからだと一歩は感じています。

辛そうな顔をしていたと聞き、鷹村は鴨川の他の表情が気になりました。

思い出す一歩は、リングに飛び込んだ時の鴨川は猿のように素早く、年齢が分からないほどだと話します。

試合を見て若返っているのではないかと錯覚するほどだという言葉に、鷹村は満足そうな笑みを浮かべます。

勝利を祝う

改めて今日の勝利を祝う一歩は、神社でのお参りも意味があったと言いますが、鷹村は試合の勝ち負けを神に頼んでいないと答えます。

そして一歩に対し、願いを叶えるのは神ではなく一歩自身、やりたいことをやれるのは一歩本人だけだと伝えました。

言葉の意味が上手く理解できずすぐに聞き返そうとする一歩ですが、鷹村は眠ってしまいました。

鷹村のアパート

鷹村のアパートに着くと、ドアの前に山口が待っていました。山口は試合を見た結果、役に立とうと鴨川に住所を聞いて来てくれたのです。

山口は部屋の中に入れてもらうとすぐに布団を敷き、上に鷹村を寝かせます。

鴨川の気遣いに感動する一歩ですが、山口は小声で今夜は応急だけだと言いました。

山口はそれよりも今も重りを付けて生活している一歩の体がとても気になりました。

鷹村にマッサージをしていると、いつの間にか一歩も眠っていました。

その晩、とてもいい夢を見た一歩と鷹村は起きたら何故か抱き合っていました。

▷はじめの一歩【1359話】へ

はじめの一歩【1349話】感想

鷹村は一歩がもう一度リングに戻りたいと心の底では思い始めていることに気づいているのでしょう。

遠回しにそのことを言われても一歩は気づいていませんでしたが、

自分でも確信するほどに気持ちが膨らんで来た時に鷹村の言葉が思い出されて背中を押されることになるのでしょう。

新しい伏線が張られたように感じました。そこで一歩が見た幸せな夢。

久美が一歩に対していったお帰りは、一歩が選手に戻った時に久美に言って欲しい言葉なのだと思います。

まとめ

この記事では、はじめの一歩【1349話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら