彼岸島 48日後…

彼岸島48日後…【226話】最新話ネタバレあらすじ感想|連隊長

こんにちは。2019年12月9日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・【第226話】「連隊長」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

225話では、陸上自衛隊と一触即発の状態だった明たちですが、左吉が撃たれてしまったことで怒った明が一瞬で隊員の銃を破壊し、自衛隊を全員制圧しました。

そして、蟲の王と戦い生き延びたという自衛隊のボスとの接触を図ります。

➡「彼岸島48日後…」の最新刊をお得に読む

彼岸島48日後…【226話】最新話ネタバレあらすじ

自衛隊のボスに会わせろと言う明に向かって、隊員の1人が連隊長には会わせることが出来ないと叫びます。

明は先ほど人を殺すなと言ったものの、鮫島に暴れるようなら手足を折ってもいいと許可します。

隊員たちは黙りました。明に刃を向けられている小隊長が口を開きました。

得体の知れない奴を連隊長に会わせることは出来ない。明は雅を殺すために東京中を歩き回っていることを告げます。

そして、必要ならば蟲の王も殺すと言う明の言葉を聞き、隊員たちが笑い始めました。

隊員たちの態度に耐えかねた勝次は、明が姑獲鳥を倒してここに来たことを告げます。隊員たちは静まり返ります。

ようやく明がすごい人物であることを理解したのです。小隊長は明たちを連れていくことを決めます。

自衛隊のボートに繋がれる明たちの筏。小隊長のみ筏の方に乗り込み、部下が左吉を撃ってしまったことを謝ります。

生きるのに必死な人間たちは平気で人を殺す、そのため隊員は侵入者は殺すよう命令を受けていたのです。

水がなくなり歩いての移動に変わります。明が銃を破壊したため無防備の隊員の頭上から吸血鬼が降ってきました。

3人が噛まれ、さらに待ち伏せしていた吸血鬼が攻めてきました。悲鳴を上げて成す術もない隊員たちに代わって、明と鮫島は吸血鬼たちを次々に倒します。

小隊長は明の強さを目の当たりにしてようやく姑獲鳥を倒したことを信じました。しかし、左吉を撃った隊員と他数名は明のことが気に入らないと、明に奇襲を仕掛けようと画策します。

鮫島が明に、自衛隊と共闘することを提案したとき、自衛隊の隠れ家に到着しました。明たちがなかにはいると好奇の目にさらされます。

とそこに、車イスを押されて連隊長がやって来ました。両手両足は無く、顔、首はぼこぼこと異常なほどに腫れ上がっています。

ピクピクと震えながら、途切れ途切れの言葉で話す連隊長は明たちに気づきました。明たちは連隊長を見て言葉を失っています。

彼岸島48日後…【226話】感想

小隊長は明の強さを認めたのに、他の隊員たちは謎のプライドがあり明のことを殺そうとしているのが納得いきません。どう考えても明の方が強いのでやられたりはしないと思いますが、肝心なところで邪魔をされると明も戦いにくくなるでしょう。

この話で登場した連隊長。顔の様子から察するに、蟲の王に毒でやられたのではないでしょうか?

かなり気持ち悪い見た目をしていたのですが、これが蟲の王との戦いの傷跡であることは明かだと思いました。

彼岸島48日後…【227話】考察予想

明たちをみて何者だ、と言った連隊長。小隊長が明のことを説明するか、明自身が自分のことを話すでしょう。しかし、侵入者は殺せといっていた連隊長です。

明たちの話も聞かず、明たちを殺すように指示を出す気がしています。そうなれば左吉を撃った隊員は我先に明に銃を向けるでしょう。

しかし返り討ちに合い、自衛隊は戦力を奪われる気がします。鮫島は共闘を望んでいますが、プライドの塊となってしまった自衛隊相手には難しい話だと思います。

➡彼岸島48日後…【227話】へ

まとめ

彼岸島48日後・・・【第226話】「連隊長」のネタバレと感想&227話の考察予想についてまとめました。

➡「彼岸島48日後…」の最新刊をお得に読む