ハイキュー!!

ハイキュー!!【368話】最新話ネタバレ確定&感想!なにもの|369話を考察

こんにちは。2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。ハイキュー!!【第368話】「なにもの」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

367話では、日向が抜けた烏野は一本を確実にとるために必至になっていましたが、頼みの綱だったエース東峰のスパイクもあげられてしまい、そのまま星海のスパイクを止めることができませんでした。

西谷の腕に当たると後ろに飛んで行くボールは、無情にもコートに落ちてしまいました。

➡「ハイキュー!!」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら

ハイキュー!!【368話】最新話ネタバレあらすじ

田中がボール目掛けて飛び込んでいきましたが、それもむなしくボールは落ちてしまいました。

23対25。

点数モニターが切り替わり、セットカウント2対1。勝者 鴎台高校で試合は幕を下ろしました。

大きな歓声の中、澤村はコートに寝転がり高い天井を見上げます。

その後、立ち上がる澤村の足はぷるぷると震えます。

整列する選手たちの目に涙はありません。烏野高校 準々決勝 敗退。

選手たちが大きな声で挨拶をすると、病院でタブレットを見ていた日向もイヤホンを外し、頭を下げます。

烏野高校に対して、激励の拍手をしてくれる会場と直接労いの言葉をくれるライバルたち。

しっかりと前を見続ける澤村たちは日向のことを心配しますが、日向は病院の後先に宿に戻ると伝えられます。

その言葉を聞いた宇大は、日向のことは大丈夫だと言います。

それは体調のことではなく、この試合の結果から日向が何かを諦めたわけではないということを指しています。

冴子は日向が宇大に憧れ、烏野に来て、影山と出会ったと言うと、宇大は自分が日向翔陽というモンスターを作ったかもしれないことを悪くないと言って笑います。

Cコートでも試合が終わりました。井闥山が犬伏東に敗れ今年の全国3大エースが全員敗退しました。

スカウトに来ていた男性は、強いものほどより強いものに打ちのめされる、挑むものにだけ勝敗と経験値を得る権利があると話します。

今日負けた君は、明日はなにものになるのか。病院を出た日向もしっかりと前を見つめています。

ハイキュー!!【368話】の感想

本当に負けてしまったのですね。前回でそうだとわかっていたのですが、信じたくなかったです。烏野の選手が誰もなかなかったのは、全力を出しきったからなのでしょうか?

やるだけやって負けたのならしょうがないと思いますが、それでも選手たちの表情はやりきったことへの満足感ではなく、まさに”無”と呼べる表情でした。

選手たちが今、何を思っているのかが気になります。この後、宿で開かれるミーティングで明らかになるでしょう。

ハイキュー!!【369話】考察予想

準決勝、決勝の様子はそんなに詳しくは描かれないのではないかと予想します。次回はとにかく舞台が宿に移るでしょう。

宿で、ミーティング。これでもう3年生にとっての高校でのバレー生活が終了です。改まると、みんな涙が出てくるような気がします。

そのシーンがくると絶対にもらい泣きしてしまいそうです。春まで残った時点で、烏野はこのまま勝っていくと思ったのですが、負けてしまった今、世代が変わって再び頂点を目指すのでしょうか?

➡ハイキュー!!【369話】へ

まとめ

ハイキュー!!【第368話】「なにもの」のネタバレと感想&369話の考察予想についてまとめました。

➡「ハイキュー!!」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら