ハイキュー!!

ハイキュー!!【381話】ネタバレあらすじ確定&感想|呉越同舟

こんにちは。2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプよりハイキュー!!【381話】「呉越同舟」を読みましたのでご紹介します。

380話では、現在サーブでのランキングは1位を誇る強烈な影山のサーブはフランス相手に5連続サービスエースを奪ったほどのとんでもない威力です。

しかし、日向は一発でそのサーブを上げると、立て続けにスパイクに飛びます。その高さに観客は驚愕、見事得点を決めた日向は、帰ってきたことを改めてみんなに伝えるのでした。

➡「ハイキュー!!」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

ハイキュー!!【381話】最新話ネタバレあらすじ

デビュー戦ながら1stポイントを決めた日向に観客の目は釘付けです。田中たちに至っては興奮が収まらず叫び続けています。

もちろんアドラーズの選手も星海以外に初めて見る高さのジャンプに衝撃を受けていました。

一方の日向は影山のサーブを受けた時に倒れてしまったことを気にしていますが、木兎には取れたことを褒めらえます。

以前日向にレシーブ時に何を考えているか聞かれて次の攻撃と答えた牛島は、今回の日向の攻撃に笑みを浮かべています。

試合は既に始まっているのに、どうしても先におにぎり宮のおにぎりを買いたい赤葦は宇内を連れて列に並んでいました。

続くは宮のサーブです。

高校の時の様に応援の音を消すために拳を握ると、その気迫でアドラーズの応援も止めてしまいます。

ドォッと音を立てる弾丸サーブですが残念ながらアウトです。

見ていた治はダサいと言い捨て、赤葦は笑っています。

聞こえているはずはないのに、侑は悪口を言われたと感じ取ると、振り返って治を睨みつけます。赤葦は双子の恐ろしさを感じます。

サーブはブラジル代表アドラーズのニコラス・ロメロ。

綺麗に日向と佐久早の間を抜いてサービスエースを決めてきます。ジャッカルの選手たちはいつもTVで見ていたロメロのサーブに興奮しています。

ロメロ2回目のサーブも同じところを狙ってきました。2人で手を伸ばすも、佐久早が上げて行きます。飛び出す日向を見て、宮兄弟は笑います。

ずっとやりたかった“飯”に関わる仕事をするために高校でバレーを辞めると治が言った時、侑はとても不機嫌になっていました。

バレー辞めることは妥協することではないと言う治は、80歳でもし自分よりも幸せだと自信を持って言えたなら、馬鹿にしろと侑に言いました。

胸ぐらをつかまれている侑は逆に治の村蔵を掴み、絶対幸せになってやると宣言しました。

チームメイト(妖怪たち)を手玉に取って1番楽しくなってやると決めている侑は日向にどんぴしゃりのトスを上げます。

見事ブロックを抜けていく日向のスパイクでしたが、ボールは影山の腕に。

勢いが強くてアウトになってしまいましたが、それよりも変人速攻復活に仲間、ライバルたちはもちろん初見の人たちまでが歓声を上げます。

しかしこの速攻、実は影山とやっていた時よりももっと早くなっていたのです。

➡「ハイキュー!!」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

 

ハイキュー!!【381話】感想

こんなに盛り上がっているのにまだ3点しか進んでいないのですね。今回の話では試合の他に、高校バレーを引退した時の宮兄弟の様子と、マイペースな赤葦の様子が描かれました。

冷静な人とは気が合う様子の赤葦と治のやりとりは良かったです。高校でバレーをスパッとやめておにぎり屋になった治とプロにまで進んだ侑。

今の所幸せ具合は同じくらいなのではないでしょうか。それぞれやりたいことをやっていると言うのはとても良い知らせでした。

ハイキュー!!【382話】考察予想

日向と宮の速攻は影山とのものよりも早いという事が判明。気づいている人は少ないでしょうが、影山は気づいていると思いますし、宮もそれを見せつけていると思うのでネットを挟んでバチバチの状態になっていると思います。

アドラーズの方には日向そっくり星海光来がいるのでこちらも同じ速攻が出来るのではないでしょうか?今回目立っていたロメロの様に、他の強者たちの活躍にも期待が高まりますが、やはり主要メンバーの活躍の方が楽しみです!

➡ハイキュー!!【382話】へ

まとめ

2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプよりハイキュー!!【381話】「呉越同舟」のネタバレと382話の考察予想についてまとめました。