ハイキュー!!

ハイキュー!!【382話】最新話ネタバレ確定&感想|日向のジャンプの最高到達点の上昇

こんにちは。2020年2月2日発売の週刊少年ジャンプより、ハイキュー!!【382話】「百鬼夜行」を読みましたのでご紹介します。

381話では、日向の1stポイントから始まった試合は拮抗しながら進んでいきます。アドラーズのロメロのサービスエースにジャッカルは苦しめられますが、それでもすぐに反撃。

宮兄弟の過去が描かれ、バレーを辞めてしまった治よりも幸せになってやると誓った侑は、日向と影山がやっていた変人速攻を再現します。しかしこの速攻、実は影山がしていたものよりも早いものでした。

➡「ハイキュー!!」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

ハイキュー!!【382話】最新話ネタバレあらすじ

速さを増している日向の速攻、その理由を自分なりに分析する烏養は日向のジャンプの最高到達点の上昇と、上へ向かう力の強化により、てっぺんへの到達スピードが速くなったからだと武田に話します。

月島も同じように分析して山口に話しています。

日向の姿はまるで調子がいい時の東峰や牛島の様に空中で止まって見え、ブロックにとっては非常に厄介です。

存在を見せつけてくる日向に観客たちはざわつき始めますが、その注目を奪うべく木兎が手拍子を始めました。

会場に手拍子を要求した木兎は、パチパチと鳴り響く手拍子の中、サーブを放ちます。

しかし綺麗に拾う星海は、木兎への声援を横取ります。

悔しそうにする木兎を尻目に、既に飛んでいた牛島は、ドドンッとすごい音を立ててスパイクを決めます。

レシーブをしようとしたものの、左肩にボールが当たって弾き飛ばしてしまったジャッカルのリベロ犬鳴は肩がビリビリと痺れてしまっています。

牛島のパワーは外国人選手に勝るとも劣らず、鷲匠はとても嬉しそうにしています。

次は昼神温泉のサーブ。笛と同時に打ってくるサーブは一瞬で日向の眼前へやってきます。

咄嗟の反応でなんとか上げたボールを宮は佐久早に繋ぎます。

ブロックは3枚。しかし、佐久早のスパイクはブロックを越えて後衛の影山へ。

獲ったと確信する影山と同時に日向も獲ったと思います。しかしボールは影山の腕に当たるとそのままコート外へ飛んでいきます。

佐久早は異常な手首の柔らかさ、動きでコースの打ち分けの他に、レシーバーが嫌いな回転をかけることを可能にしているのです。

取り辛さだけで判断すると牛若の左よりも断然タチが悪いです。ネットを挟んでバチバチの両チーム。しかしなぜか取り損ねた影山は笑っていました。

ハイキュー!!【382話】感想

注目を集めたいのは変わっていない木兎に安心しましたが、星海も同じような性格だったのが面白かったです。どちらのチームも似たようなキャラがいるようです。

高校時代は描かれることが無かった佐久早の実力が今回初めて描かれ、気持ち悪い手首の動きが武器であることが分かりました。

それぞれにしっかりと強さの秘密があるのは見ていて面白いです。木兎が手拍子を求めた際に、嬉しそうに笑う赤葦と、牛島の活躍に喜ぶ鷲匠のシーンが見ていてほっこりしました。

ハイキュー!!【383話】考察予想

流石のプロチームと言ったところで1人1人の技術が凄いです。それでもプロチームにもやはり強いチームはいるのですが、アドラーズとジャッカルは同じくらいの強さなのでしょうか?

佐久早の実力に笑う影山は、強い相手と戦えるのがとにかく楽しいのでしょう。まだ影山はサーブくらいしか目立っていないので、懐かしのツーアタックが飛び出すことを楽しみにしています。日向と木兎の悔しがる顔、佐久早と宮のムカついている顔が目に浮かびます。

➡️ハイキュー!!【383話】へ

まとめ

2020年2月2日発売の週刊少年ジャンプより、ハイキュー!!【382話】「百鬼夜行」のネタバレ&383話の考察予想についてご紹介しました。