ハイキュー!!

ハイキュー!!【41巻】最新刊ネタバレあらすじ!無料で読む方法はコレ!

こんにちは。2020年1月4日にハイキュー!!【41巻】「小さな巨人VS」が発売されました。(週刊少年ジャンプ連載)読みましたのでご紹介したいと思います。

40巻では、烏野高校VS鴎台の第2セット、烏野は旭と日向の攻撃にキレが増していくものの、鴎台・星海のブロックアウトが決まり続けて苦戦を強いられていた。

しかし烏野ブロッカーの月島は星海のそんな戦法を逆手に取り、ボールが手に当たる直前で自分から回避! 星海の打ったスパイクはノータッチでコート外まで飛んでいき、烏野は見事に2セット目を取り返した。

➡「ハイキュー!!」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

ハイキュー!!【41巻】最新刊ネタバレあらすじ

月島の機転によってセットカウント1-1に追いついた烏野高校。

ここに来て攻撃も防御も選択肢が増えてきて波に乗る彼らに対し、鴎台は日々の練習で培ってきた冷静なプレーを保ち続ける。

この終盤、日向や旭の活躍を見てもなお鴎台のバンチ・リードブロックは崩壊の兆しを見せなかった。

そんな彼らの堅牢な守備に、今度は月島の方が気圧されてスパイクミスをしてしまう。

だが月島も他の烏野メンバーも誰一人として勝負を諦めてはいない。

鴎台の選手達も含めてコート上の全員が「次はどうする?」と必死に思考し続けながら試合は進む。

そうした膠着状態の中で輝きを放ったのは、ドンジャンプと1st・マイナスのテンポの使い分けをし始めた日向だった。

時に自らスパイクを決め、時に囮となってブロックを引き付ける日向の縦横無尽な動き。
それは高校最強ブロッカーと謳われる昼神に少しずつ迷いを生ませていく。

そして遂に統制の取れていたバンチ・リードブロックが分断!

二回戦からずっと調子のいい田中がノーブロックで打てるようなチャンスも増え始め、烏野の攻撃はさらに勢いを増し始めた。

スコアは13対13、長いラリーの中で日向に対抗心を燃やす月島は鴎台ブロックに一歩も引かず渾身のスパイクを放つ!

日向も負けじと敵エース・芽生の打ったボールを拾い、そのまま必殺のウシロ・マイナスに繋げた!

はたしてそのボールの行方は!?

そして「小さな巨人」を擁する鴎台との死闘の先で日向を待っている結末とは――!?

ハイキュー!!【41巻】感想

鴎台戦のクライマックスが描かれる漫画「ハイキュー!!」の第41巻。ネタバレして感動を奪いたくないのですが、本当にいい漫画だなと改めて実感させられる一冊でしたね。

中盤までの話をすると、凄まじい勢いで成長し続ける日向の様子も見どころだったのですが、それに静かに対抗心を燃やす月島の奮闘に驚きました。

彼があんなメラメラと燃えまくりの真っ向勝負を挑んでいくとは思ってもいなかったので。
ハイキューはこうやって敵味方で刺激し合いながら試合中にどんどん強く逞しくなっていくのが見ていて気持ちいいですね。

ハイキュー!!【41巻】を無料で読む方法はコレ

とってもおもしろいハイキュー【41巻】をいますぐ漫画で読みたい!だけど!いますぐ買いに行けない場合、どうにか読める方法はないかなって思ってしまいますよね。個人的にはさらに無料で読めたらとっても嬉しくなっちゃいます。

そこでオススメの方法があります。動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)を利用することです。U-NEXTはドラマ・映画・バラエティなど多くの動画を扱うサービスですが、電子書籍も34万冊も利用できます。

初回登録から31日間は無料でサービスを受けられ、ハイキュー【41巻】は459円となりますが、最初に付与される600ポイントで結果無料で読むことができちゃいます。無料期間中に解約しても違約金などはありませんのでご安心くださいね。

U-NEXTへ

ハイキュー!!【42巻】考察予想

鴎台との戦いも既に第3セット中盤――残り僅かとなり、次でこの試合に決着がつくでしょう。もうここまでで疲労困憊、満身創痍の烏野ですが条件は鴎台も全く同じ。

全国大会も四回戦まで来てまだ成長し続ける彼らが次はどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです。

特に日向はある意味お手本となる選手の星海光来と出会い、その磨き抜かれたプレーの数々を直接目の当たりにする事が出来たわけですから、そこから何を吸収してどんな風に進化していくのかと期待しています!

まとめ

2020年1月4日にハイキュー!!【41巻】「小さな巨人VS」のネタバレと無料で読む方法についてまとめました。