僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ340話ネタバレ最新話確定と感想は?相澤の説得と変わり始めた青山

2022年1月17日発売の週刊少年ジャンプより、ヒロアカ【340話】「皆がヒーローになるまでの物語③」を読みました。

前回のヒロアカ339話では、デクと飯田がサポート工房に、コスチュームなどの修理依頼をしに訪れたところから始まります。

そこで出迎えてくれた発目は研究熱心な女の子。

なんせ機械いじりに夢中になって引きこもりになっていたら、外の様子に全く気付いていなかったのですから。

さて工房はアイテム事務所や流通の機能不全により、修理が出来ない状況に陥っていました。

そのため海外の試作品であるデクのガントレッドも修繕は不可能。

デクのガントレットは作り直しが必要なレベル。

ガックリとするデクですが、念のため発目は材料がないかどうか確認してくれました。

因みに飯田のアーマーは仕様書がないと無理。

と断ったものの、お手製アーマーを作ってくれましたよ!

これは嬉しい。

デクにもなるべく正確に再現したグローブをプレゼント。

今回は彼女が中心の話でしたが、サポート科のみんなは、ヒーロー科にアイテムを提供したりする重要な存在。

戦えない分こうして裏方からサポートしてくれるから、安心して戦えるんですね。

「勝ちましょうとヒーロー科の皆さんに伝えてください。」

発目の言葉はサポート科みんなの総意。

心強い味方に背中を押されA組は突き進みます。

さて工房から戻ってきたデクと飯田はA組と合流。

準備は整ったところだと話しかけてきたのは瀬呂範太。

Mt.レディはA組に何が起きたかを、既に承知しています。

もう時間は限られているので、少しでも早く行動に移るのみ。

最優先事項は解放戦線とヴィランを一日でも早く発見し討伐することです。

さてここで芦戸三奈は、青山が自分達の手を取ってくれるか心配だとぼそり。

でもデクを始めクラスメイト達は、みんな青山が強力してくれると信じています。

青山は過ちを犯したとはいえ、必ず更正すると確信するA組一同。

良い仲間に囲まれている青山が羨ましいです。

一方市民の避難場所に指定されている士傑高校では、ファットガムやリューキュウ達が動いていました。

全面戦争に向け天喰や波動なども覚悟を決めている様子。

様々な人々が打倒ヴィランに向け、活動を激化させているといったところでしょう。

ヒロアカ340話ネタバレ最新あらすじ

いくつかの警察署が隣接する場所にあるセントラル病院。

重要施設である此処との連携を強化するため、プロヒーロー達の拠点はここに移っていました。

病院内の一室ではオールマイトやホークス、それに堀内ら警察関係者らが会議中。

オールマイトによると青山は現在検査結果待ちとのこと。

その青山に作戦への協力を依頼することになったので、オールマイト達は動きを制約されることになります。

因みに今ここに集まっているのは、様々な状況証拠からシロと判断された者のみ。

ホークスはエンデヴァーら主力は現場指揮、そしてあくまでも安全第一だと言いました。

“承知の上”だと応じるランドール。

とはいえ流子達は来ないようで寂しいと明かします。

どうやらランドールのサーチが悪用されているようで、だからこそ全力で協力すると約束。

これは心強い!

さてオールマイトは最善·次善を問わずやらなければいけないのは、”分断”だと強調しました。

レコーダーで確認した死柄木の強さは今やオールフォーワンを優に超えている。

タルタロス襲撃時に見せた電波を用いた連携や思考の共有など、不確定要素は多数。

2人が揃って襲撃してくればとても厄介だと指摘します。

ここで疑問に上がったのは、スター戦では何故それをしなかったかということ。

新秩序のルールは名前を呼ばれるだけで成立してしまう。

オールマイトはオールフォーワンがそれを避けたかったのではないかと予想。

いずれにせよヒーロー側が勝利するには、最低でも10km以上は2人を離す必要がありました。

ここで堀内は相手側もそれを防ごうと駒を動かすはずだと指摘します。

当然荼毘を始め、複数のヴィランが出てくるでしょう。

その際は敵主力を全て分断させ各個撃破。

「その為には敵を誘き寄せることが条件!」

だとオールマイトは力説します。

この条件を成立させる作戦には青山の存在が必要不可欠。

今青山は身体の自由を奪われていて、相澤先生と面会中です。

検査の結果脳波などに異常なし。

報告を聞いた相澤先生は、「レディ・ナガンの件もオールマイトに倒されてから獲得されたモノというわけか。」と口にしました。

更にオールフォーワンが恐怖という爆弾を、青山と両親に植え付けていたと察します。

裏切りへの制裁、強制爆弾は仕組まれていなかったんですね。

相澤先生は”恐いか?オールフォーワンが恐いか?”と問いかけました。

オールフォーワンは恐いし、自分は彼ら(A組)のようにキラめけないからそれも恐い。

彼らが自分を信じてくれても自分自信が信じられないと青山。

仮にA組の手を取れたとしても、オールフォーワンを前にして同じ過ちをしないとも限りません。

だから光の当たらない場所で朽ち果てていくのがいい。

そんな青山に相澤先生は”植え付けられた恐怖を無理に引き剥がす”と断言。

但し犯した罪は消えないし、もしかすると雄英に残れないかもしれない。

今の青山に残された道は、A組を始めとしたみんなの為に戦うのみ。

これは己との戦いでもあるわけです。

相澤先生は青山を利用する点ではオールフォーワンと同じだと言った上で、それでも青山を救おうとしました。

なんたって青山は相澤先生の生徒、A組の一員なのですから。

「惨めで情けなくても手を出してくれた友と歩め。俺たちが守る、断言する。」

とカッコいいことを言ってくれる相澤先生。

最初は落ち込んでばかりいた青山の表情は、先程とは変わり決意を滲ませた感じに変化しているように見えました。

誰だって恐い、だから支えてくれる仲間がいる!

必死の説得により、青山は遂に重い腰を上げてくれそうです。

さてその頃の心操はというと?

雄英の女子生徒に、”時間ー行くよー”と声をかけられていました。

ヒロアカ340話感想

現在の死柄木があのオールフォーワンより大幅に強くなっているとは驚き!

確かにスターとの戦闘では、圧倒的脅威であることを見せつけてくれました。

いや~今までの死柄木と違って覚醒死柄木は、どれだけ強いか分かりませんね。

オールマイトが言う通り、仲間が集まれば戦力が集中してより厄介。

分断させて出来るだけ早く各個撃破することが重要です。

それに欠かせないのは青山の存在。

一度罪を犯したとはいえ、相澤先生の説得に応じる雰囲気。

せめてもの罪滅ぼしの為に、全力で皆をサポートしてほしいですよね。

その貢献度によってはA組に戻れる日も来るでしょう。

生徒思いな相澤先生なら、青山を戻してくれると思いますよ。

自分に押し潰されずにファイトだ青山!