僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【245話】最新話ネタバレ確定&感想|246話を考察

こんにちは。2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。僕のヒーローアカデミア【第245話】「決起」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

244話では、エンデヴァーとの接触を図ったホークスが、遠回しではあるものの必至に異能解放戦線のことをエンデヴァーに伝えようとしていました。

見張られているホークスは直接敵のことを話すことができません。気づいてくれエンデヴァー!

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら

僕のヒーローアカデミア【245話】最新話ネタバレあらすじ

ヒーローが暇になる社会にしたい、とへらへらしながら話していたホークスの姿を思い出すエンデヴァーは、真顔で本を差し出してくるホークスに違和感を感じていました。

No.2のホークスが進める本が気になる出久に、ホークスすぐに大量に持っていた本を渡します。

ホークスは真顔のまま、エンデヴァーにマーカー部分だけでも目を通すことを進めます。

加えて”2番目”のオススメだと強調していきます。

ホークスが去っていったのでエンデヴァーたちも事務所へと戻ります。

エンデヴァーの事務所ではサイドキック達が迎えてくれますが、30人以上サイドキックがいるこの事務所で、インターンの出久たちが活躍する場はないとヒーロー、バーニンは言います。

つまり、自分達で活躍の場を作り出さなければいけないようです。

その頃、エンデヴァーは自室でホークスに渡された本に目をとおしながらずっと感じている違和感について考えていました。

エンデヴァーに人々を安心させて欲しいと言っていたのに、今は自己責任だと言っていった。

いつもエンデヴァーの前ではおどけた顔でいたのに、今回は真顔だった。全てが真逆なのです。

つまり、今回伝えていったことはホークスの本心では無いのではないか、とエンデヴァーは気づきます。

さらに、”2番目”を強調していったホークスが言えない何かを伝えようとしていたのではないかと考えたエンデヴァーは、マーカー部分の2文字目繋がって文章になっていることに気がつきました。

敵は解放軍、連合が乗っ取り数が10万以上。

ホークスは異能解放戦線の中では有能な部下を装い、思想を広める役を担いながら剛翼の個性で幹部たちの話を逃さず聞いていました。

その事もしっかりと本の中で伝えてあります。

死柄木弔が力を手に入れたら4ヵ月後全部壊す。エンデヴァーにもちゃんと伝わりました。

僕のヒーローアカデミア【245話】の感想

心配していた部分ですがちゃんとエンデヴァーに、ホークスが伝えたかったことが伝わり安心しました。そして分かった4ヶ月後には死柄木弔が遂に動き出すという事。

早めにエンデヴァーがこの事を知ったので何か先に手を打つことができるのでしょうか?オール・フォー・ワンのような力を手にいれた場合、死柄木は手がつけられなくなるでしょう。

早くインターンでヒーローを育て、事前に食い止めなくてはいけません。出久たちが役に立てるヒーローになれるのかが気になります。

僕のヒーローアカデミア【246話】を考察

エンデヴァーが死柄木たちの狙いを知ったことで、ヒーロー育成にもっと力をいれるでしょう。少しでも戦力を増やしておきたいというのが本音だと思います。

ベストジーニストが行方不明、オールマイトがもういないプロヒーローたちの戦力はがた落ちしているはずです。

生徒が全員インターンに参加しているので、色々な事務所に少しでもヒーローとして子供たちを鍛え上げるように、エンデヴァーは要請を出すと思っています。間に合うのでしょうか。

➡僕のヒーローアカデミア【246話】へ

まとめ

僕のヒーローアカデミア【第245話】「決起」のネタバレと感想&246話の考察予想についてまとめました。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら