呪術廻戦

呪術廻戦173話ネタバレ!宮城ラブストーリー

2022年1月31日発売の少年ジャンプより、「呪術廻戦」173話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

切り札はやはり玉犬。

レジィは玉犬にダメージを与えたのでもう呼び出せないと思い込んでいたのでした。

その判断ミスでレジィは命を落とす結果となってしまいました。

呪術廻戦172話のネタバレはこちら

呪術廻戦173話ネタバレ!

レジィは伏黒の罠にかかって致命傷をおってしまいました。

レジィは自分より年下の子に出し抜かれるしまったことを嘆いています。

伏黒は天元のことを念のためレジィに問いかけていましたが、レジィは何も知らないように見えました。

レジィは自分の命が尽きる前に自分の持っているポイントすべてを伏黒にくれてやることにしました。

レジィがこういう行為にいたったのはもちろん善意からではありません。

今ポイントを目の前の男にくれてやった方がこの先面白くなると実感していたからです。

伏黒はこうやって5ポイントを獲得するのでした。

その頃違うビルでは爆発音が起きています。

ハゼノキは目の前のお笑い芸人の高羽に大苦戦を強いられていました。

高羽は爆発を5回以上しているので普通な戦闘不能になっていてもおかしくないはずです。

それどころか最初の頃に受けたダメージが回復しているように見えました。

ハゼノキは目の前のお笑い芸人の男の力の正体が分からなくて不気味に思っています。

そんな時に式神からレジィが戦闘不能になったと言う知らせを受けるハゼノキ。

ハゼノキは突然やる気がなくなったのでその場を離脱しようとしています。

高羽はポイント狙いでハゼノキにしつこく食らいついています。

そして同じ時間にポイントを獲得する猛者が次々と現れました。

呪術廻戦173話の感想

お笑い芸人の能力が主人公の五条の術式にも対抗できるって書いてありましたけど、さすがにそれでいいんかいと思いました。

あと古くは森田先生、新しくは小畑先生(作画担当だと言う事は知っています、念のため)がチャレンジしているお笑いって言うジャンルを漫画で描くのがすごく難しいんだなと改めて思いました。

この漫画でお笑いを書くと言うことを理は以前からいろいろ考えていたことがあったので、また違う場面で詳しく書いていきたいと思います。

まぁハンターハンターにも一番最新のキャラクターが過去の最強の敵だったメルエムよりも圧倒的に強い能力を持っているっていうのがあったんで漫画あるあるかもしれないですけど。