かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい【180話】最新話ネタバレ感想|先輩くんと後輩ちゃん③&伊井野ミコは愛せない④

こんにちは。2020年5月28日発売の週刊ヤングジャンプより、かぐや様は告らせたい【180話】「先輩くんと後輩ちゃん③&伊井野ミコは愛せない④」を読みました。

179話では、かぐや&大仏の石上×子安派と藤原&小野寺の石上×伊井野派が生徒会室で喧々諤々の言い争いをしました。

大仏が子安は大友に似ているから同じような相手にふられるのは石上が可哀そうと言えば、小野寺は伊井野が1月に外れるはずのギプスが2月になってもしていたのは石上に優しくされたいからと返します。

そんなところに現れた白銀はかぐやと藤原にどちらなのか答えを迫られて逃走しました。

それでは、この記事では、かぐや様は告らせたい【180話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

かぐや様は告らせたい【180話】最新話ネタバレあらすじ

風紀委員室で伊井野が大仏に石上と子安の話題をふると、大仏は上手く行くといいと答え、伊井野は気が進まげに同意します。

白銀は石上×子安派か石上×伊井野派か迫られて悩んでいたが、自分は中立で自然な成り行きに任せるべきだと思うものの、かぐやに愛想をつかれることを恐れていました。

そんな彼が生徒会室に戻ると伊井野が1人でおり、本当に石上が好きなのか聞き出すことにします。

ギプスの話題からおしゃれ、そして好きな男がいるのかと話題を変えて行くと、伊井野は照れつつ白銀は自分を口説いているのかと思いました。

伊井野が真面目でルールを守り自分より勉強ができる人が好みだと言うと、白銀はそんなの自分くらいではないかと思い、彼女に口説かれているのかと思います。

白銀は伊井野より成績が上は厳しいのではないかと言うと、伊井野はからかうように自分のタイプは白銀かもしれないと言い笑い掛けました。

しかしすぐに伊井野は白銀とかぐやが付き合っていることに気付いているから横恋慕しないと言い、そしてタイプと恋愛感情が直結するとは限らないと寂し気に言います。

白銀は伊井野が何書いているのか尋ねるとなんと般若心経の写経で、リラックス効果があるからと白銀もやらされました。

藤原が白銀にどちらに付くか問うために生徒会室に行くと、そこには笑顔の伊井野と般若心経を音読する白銀がおり、すっかり般若心経の教えに染まった白銀に写経を勧められた彼女は走って逃げ出します。

白銀がふと気付くと窓の外を眺める伊井野がおり、その視線の先には石上と子安の親し気な様子がありました。

白銀が伊井野に石上が好きなのかと問うと、彼女は石上が嫌いだと言いつつも子安とデートした話しを聞いてから鼻の奥がツンてなって苦しくなると言います。

そして白銀にどうしたら良いのか聞きました。

➡「ヤングジャンプ」の最新版を無料で読む

かぐや様は告らせたい【180話】感想

最近はギャグとシリアスのバランスが本当に良くて楽しく読んでいたのに最後にはとても切なくさせられて良い話し読んだなと感動しています。

特にラストの目に涙を浮かべる伊井野が美しくてなりません。

好きな女性と上手く行っている男性を見てその彼が好きな自分に気付いていしまうなんてたまらなく切なくてこれからどうなるのか想像がつきません。

白銀は伊井野の先輩としてどうするのでしょうか。

彼の男気が試される展開になりそうでとても楽しみにしています。

かぐや様は告らせたい【181話】考察予想

作中で伊井野は横恋慕しないと言っていましたが、彼女が石上と子安の仲に割って入るイメージはできません。

となると余計なことをするのは藤原と小野寺だと思います。彼女らが石上と伊井野の仲を進展させようと策謀を巡らせるのではないでしょうか。

それを防ごうとするのがかぐやと大仏で、また熾烈なバトルが繰り広げられることになるでしょう。

そして彼女らの意図とは別に伊井野は石上と2人になって何がしか話しをするのではないでしょうか。

あるいは伊井野は子安と2人で話す機会を得るのかもしれません。

伊井野が子安に石上の事お願いしますみたいなことを言い、子安は伊井野の気持ちを察して身を引く展開があるのかもしれません

➡かぐや様は告らせたい【181話】へ

まとめ

2020年5月28日発売の週刊ヤングジャンプより、かぐや様は告らせたい【180話】「先輩くんと後輩ちゃん③&伊井野ミコは愛せない④」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

かぐや様は告らせたい 21巻2/19にかぐや様は告らせたい【21巻】が発売されました。21巻を無料でいますぐ読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル