かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい【155話】最新話ネタバレ感想|156話を考察!

こんにちは。2019年10月17日発売の週刊ヤングジャンプより、かぐや様は告らせたい【第155話】「先輩くんと後輩ちゃん①」を読みましたのでご紹介します。

154話では、藤原千花が最近生徒会メンバーからの自分の扱いが悪いと立腹し愛してるゲームをすると言います。彼女が愛してると言い、それに相手が照れたらその相手の負けになります。

伊井野ミコ、石上優が撃沈し、次は白銀御行になりますが彼は出て行った母親のことを思い出して耐えました。そして四宮かぐやも参戦し、彼女の言葉で白銀は撃沈します。そして藤原に言われたかぐやは照れることはなくかぐやの一人勝ちになりました。

➡「かぐや様は告らせたい」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

かぐや様は告らせたい【155話】最新話ネタバレあらすじ

伊井野ミコが生徒会室の扉を開けるとそこには白銀御行1人だけしかいません。

彼女が石上優のことを聞くといつも一緒にいるわけではないと分からない様子です。

2人の間に沈黙が訪れ白銀は気まずさを感じるのですが、その2人は絶妙な距離感の人で他に人がいれば話すけど2人だけになると無言になる組み合わせでした。

白銀はソファーに座っていましたが目の前に伊井野がいるのに自分の席に戻るのはヤな感じだと動けません。

伊井野は無表情で前を見つめており、白銀はスマホをいじってもいいと念じます。

そして気まずさに耐えられず藤原千花が早く来てくれと念じました。

白銀は話しかけることにし、彼女に腕が痛まないか聞くと問題ありませんの一言で終わります。

普段雑談をしないから業務連絡と思われたパターンだと考え、彼女のことが正直苦手だと感じているのも良くないと考えて雑談をすることにしました。

彼女に趣味を聞くと読書だと答えられ、湊かなえ、村上春樹、乙一を挙げると白銀は乙一は自分も好きだと言って2人は盛り上がります。

白銀は近所の図書館に通っていたこと、小さい頃「銀河鉄道の夜」を読んでから宮沢賢治を一通り読んだことを話すと伊井野は詩集が好きなのか聞いてきました。

白銀が好きだと言うと伊井野の顔は明るくなり周りに詩が好きな人がいなかったので嬉しいと話します。

白銀はチャンスだと思い小さい頃天文学者か詩人になりたいと言うと、伊井野はもじもじしてから自分で詩を書いていることを打ち明けました。

白銀が読んでくれと言うと笑わないでくださいと言いつつ星をテーマにした詩を読みます。

感想を聞かれた白銀は素敵だと言いつつ分からない、笑うなと言われたけど笑えないと言い、どこが良かったか聞かれるとしどろもどろになって答えると伊井野は嬉しそうに面白い解釈だと言いました。

次は真っ黒なコウノトリの詩で、白銀はあまりの黒さに恐怖しつついいねと答えます。

伊井野は白銀も詩を書かないか聞き、書かないと言うと彼女は落ち込み、白銀は以前書いて封印したポエミィな四宮かぐやへのラブレターを公開するか悩みました。

そして石上が生徒会室に入るとそれを読み上げると白銀と絶賛する伊井野がおり、伊井野は食べかけのガムの詩だと言い、白銀は心の中で恋の詩だと否定します。

かぐや様は告らせたい【155話】の感想

白銀と伊井野という普段あまりない組み合わせの話しでとても新鮮に思いました。
伊井野の心の闇に翻弄される白銀が最高で、星の詩と黒いコウノトリの詩もやばくてとても面白かったです。

なぜ白銀がそんなに困ることになるのかと言えば会長としての義務感からで、そういう真面目な人間ほど伊井野の闇に翻弄されるのだと思いました。

そして彼女の闇に引きずられる形で白銀も恥ずかしいラブレターを公開させられ、さらにそれを誤解されるオチも良く、ぜひこの2人の回をシリーズ化して欲しいものです。

かぐや様は告らせたい【156話】の考察予想

今回のサブタイトルに①とついていたのでぜひ近い内に②をやって欲しいと思いました。
そして最近は伊井野をエスコートしないといけなくなった石上のシーンがあまりないのでもっと欲しいです。

なのでぜひ次回辺りに石上、伊井野、つばめの三角関係話をして欲しいと思いました。

あとかぐやのスタンフォード大を受ける話しはどうなっているのでしょうか?
そこら辺のことも気になっているので描写して欲しいです。他には藤原と早坂の仲がどうなっているのかも気になっています。

まとめ

かぐや様は告らせたい【第155話】「先輩くんと後輩ちゃん①」のネタバレと感想&156話の考察予想についてまとめました。

➡「かぐや様は告らせたい」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら