かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい【161話】最新話ネタバレ感想|TG部を語りたい

こんにちは。2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプより、かぐや様は告らせたい【第161話】「TG部を語りたい」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

160話では、白銀御行と四宮かぐやの楽しみは夜のスマホのメッセージのやり取りでしたが、ついに通話をすることになりました。

白銀は家族に聞かれないよう家の外のWiFiが届く位置で話すのですが、それを知ったかぐやは体を心配するので布団の中で話すことにします。すると家族に通話は筒抜けで妹の圭や父親にかぐやとの付き合いを問い詰められることになるのでした。

➡「かぐや様は告らせたい」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

かぐや様は告らせたい【161話】最新話ネタバレあらすじ

マスメディア部の紀かれんは巨瀬エリカにTG部に自作ゲームのテストプレイを頼まれたと聞くとげんなりしました。

今回はかれんの冬休みの話しですが、彼女は冬休み中の校舎を歩いているとTB部が合宿中との張り紙を見てろくでもない企てをしていると電話して問い詰めることにします。

マッキーセンハイ宅でマッキーセンハイとメガ子、不治ワラの3人が自作ゲームの製品版の制作をしていました。

それをイベントでの販売を目指すために冬休みを利用して泊まり込みをしています。彼女たちは彼氏作る話しをしますが、そうじゃない青春があってもいいと楽しそうです。

その時、マッキーセンハイにかれんから電話が来て変なことをしていないか聞かれ肯定します。

2人は何しているのか聞かれ、ベッドで子供(を示す小道具)を作っていると言われかれんは愕然としました。

不治ワラが(子供を示す)棒が(自動車を示す小道具の)穴に入らないと言い、棒をカッターで削るか穴をドリルで拡張するかと話し合い、それを聞いたかれんはさらに勘違いして慌てます。

かれんが不治ワラとメガ子にそれでいいのか聞くと、やると楽しいからこれが自分たちの幸せなのだと言い、かれんは彼女らの逮捕を心配しました。

マッキーセンハイは何をしているのか聞くと、彼女は(ゲーム用の)1万円札をプリンターしていると言い、かれんは通貨偽造罪だとまた慌てます。

そして彼女が次はマスを作り直したいと言うと、かれんは大衆(マス)だと勘違いし、マッキーセンハイはそんな彼女にただのゲームだと強調しますが、かれんは彼女らがゲーム感覚でテロリズムをすると思いました。

そこにえりかがしじみの味噌汁を持って来て、かれんが何やっているのかと聞くと、彼女も(ゲームで使う)子供を作った、かれんも一緒にやろうと言うとかれんはすぐに断ります。

3人の仲良さそうな雰囲気からかれんはもう手遅れだと感じ、なんと彼女らのもとに通報して警察を呼びました。

それで誤解は解け、彼女はTG部に頭を下げ、彼女らに大きな貸しを作って終わります。

かぐや様は告らせたい【161話】感想

マスメディア部とTG部はあまり馴染みがないのですが、女の子だけで和気あいあいとしている雰囲気が生徒会とは違い新鮮で面白く感じました。

今回はかれんの勘違いネタですが、何の説明もなく子供作っていると言われたら勘違いする気持ちは分かります。

女の子同士の気安さからそういう口調になるのでしょうが、これからは気を付けて欲しいと思いました。

あと藤原が生徒会での様子とは違う、周りに馴染んで楽しくやっている様子も新鮮で良かったです。みな魅力的なキャラクターなのでこれからもっと掘り下げていって欲しいと思いました。

かぐや様は告らせたい【162話】考察予想

TG部の自作ゲームをイベントで売るとのことですが、その会場の外観からして東京国際展示場でしょう。

となったら夏のコミックマーケットだと思うので、それぞれの夏休み編を楽しみにしておきたいところです。

あと以前生徒会でTG部の自作ゲームをプレイする回がありましたが、またその新作を生徒会メンバーにプレイしてもらいたいです。

あの時はかぐやが白銀と結婚した藤原に物凄い怨念を感じていましたが、かぐやと白銀が付き合っている今ではどうなるのか興味があります。

➡かぐや様は告らせたい【162話】へ

まとめ

かぐや様は告らせたい【第161話】「TG部を語りたい」のネタバレと感想&162話の考察予想についてまとめました。

かぐや様は告らせたい 21巻2/19にかぐや様は告らせたい【21巻】が発売されました。21巻を無料でいますぐ読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル