賭博堕天録カイジ

賭博堕天録カイジ24億脱走編【351話】最新話ネタバレ感想|昵懇

こんにちは。2020年5月18日発売のヤングマガジンより、カイジ24億脱走編【351話】「昵懇」を読みました。

350話では、帝愛から逃げる、カイジとチャン、マリオの3人。キャンピングカーで入ったキャンプ場で、2人の男に誘われて飲むことになります。

2人の名前は木崎と石高。酒を飲み始めたカイジは、2人と意気投合し始めるのでした。

それでは、この記事では、カイジ24億脱走編【351話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

賭博堕天録カイジ24億脱走編【351話】最新話ネタバレあらすじ

大声を上げて笑うカイジ。

完全に打ち解け談笑しています。

それ以上に、よっているマリオを見て、危機感を感じるチャン。

自分がしっかりしなければと言い聞かせるのでした。

話の中で、泣き言を言い始めるのは木崎。キャンプ女子が増えていると言われていますが、彼らは1度も出会ったことがないのです。

その話を聞いたカイジは、木崎と石高を馬鹿にする発言をします。

短期間でかなり打ち解けた3人。

そこで石高が、自分たちがキャンプをする理由は何かと尋ねてきました。

木崎と石高は、月2回のペースでキャンプを行っているのです。

問われたカイジの答えは、2人が親友だから。微妙な反応を示しますが、2人とも正解だと言います。

そんな2人の話を遮ったのはマリオ。

マリオは2人に恋人がいないからだと指摘したのです。

それを聞いて、大正解だと話す2人。

酔っているマリオはきつい口調で2人を責め始めます。

キャンプばかりしていないで婚活パーティーに行った方が良い。

マリオの言葉に反論する木崎は、自分たちも努力していると返します。

それを聞いても必死さが足りないと続けるマリオ。マリオに責められた2人は、自分たちが決めたルールを話し始めました。

それは5年前・・・。

2人は40歳になっても互いに結婚できなければ、どちらかが性転換して結婚しようとルールを決めていたのです。

しかし、今はどちらが性転換するかもめていると話す2人。

その話にさらにヒートアップしたマリオは、最初からどちらが性転換するか決めていないと駄目だと言います。

そこで、2人が提案したのは、10種のゲームに負けた方が性転換する案。

話を聞いていたカイジは冷静になり、2人の精神年齢が中学生低学年ぐらいだと悟るのでした。

➡「賭博堕天録カイジ24億脱出編」の最新刊を無料で読む

賭博堕天録カイジ24億脱走編【351話】感想

今回はキャンプの続きでした。この2人によって何かのハプニングが起きるかと思いましたが、今回はそうなりませんでしたね。

その代わりに出てきたのが、10種のゲーム。2人のどちらかが性転換するということで、性転換する側を決めるゲームです。

その内容は・・・正直幼稚なものばかり。

工夫が凝らされたゲームでは全くありません。あまり考えたくありませんが、ゲーム性が出てきたのは何かあるかもしれません。

このゲームにカイジたちも絡んで来るのでしょうか?

賭博堕天録カイジ24億脱走編【352話】考察予想

次回、10種のゲームが何か関わってくる可能性もあります。しかし、これはただの案ではないでしょうか。

木崎と石高は帝愛とは関係なさそうですが、この2人がきっかけでカイジたちは危機に陥ると思います。

キャンピングカーを盗まれる可能性もありますし、指名手配を知った2人が帝愛に情報を漏らす可能性があります。

情報を漏らすとすれば、2人の会話の中にヒントがあるはずです。性転換手術に必要な資金を稼ぎたい・・・。

というのも1つかもしれません。

まとめ

2020年5月18日発売のヤングマガジンより、カイジ24億脱走編【351話】「昵懇」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「賭博堕天録カイジ24億脱出編」の最新刊を無料で読む