彼女、お借りします

彼女、お借りします【136話】最新話ネタバレ感想|ラストシーンと彼女➄

こんにちは。2020年4月15日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【136話】「ラストシーンと彼女➄」を読みました。

この記事では、彼女、お借りします【136話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめています。

135話では、八重森の策略で水原と二人きりで撮影旅行に行くことになった和也。顔を赤らめながら何度か口ごもる水原が和也は気になって仕方ありません。

満天の星の下でラストシーンを撮影する和也に水原は意を決してあることを伝え始めるのでした。

彼女、お借りします【136話】最新話ネタバレあらすじ

二人きりで撮影旅行にやってきた和也と水原はなぜか八重森の策略で同じ部屋に泊まることになります。

ドキドキが止まらない和也を尻目に、水原は最後のシーンの撮影に挑みます。満天の星の下で誰もいない中の撮影に慌てまくりの和也。

カメラをセットしたところで水原が声を掛けます。

話しておきたいことがある、と真剣な表情で言う水原に和也はあたふたとします。

なんとかあとに回そうとする和也ですが、水原は頑固にやだ、と答えるのでした。

顔を赤くしながら何か伝えようとする水原に、和也は八重森の言葉を思い出します。

和也のことを水原が好きだと言う八重森の言葉を思い出した和也は、まさか告白されるのではと挙動不審に。

水原は構わずに和也の目の前に来ると自分の祖父のことを話し始めます。

最初に自分を応援してくれていた水原のおじいちゃん。女優になった姿を祖父に見せたいと水原は思っていました。

しかし交通事故で死んでしまい、祖母も病気で倒れてしまったのであきらめようと思っていた、と水原は言うのでした。

だから、和也が応援してくれたとき嬉しかった、と水原は真剣な表情で続けます。

水原の思わぬ告白に和也は驚き、言葉をかけることができないのでした。

ありがとう、という水原の言葉に和也は目をうるませると、息を飲んで撮影を始めます。カメラ越しに水原を見つめる和也の目からは涙がこぼれるのでした。

ファインダー越しの水原は今まで以上に輝いていたと思う和也。

水原は自分を支えるものが必ず現れるという祖父の言葉を胸に最後のシーンを演じ切るのでした。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

彼女、お借りします【136話】感想

最後のシーンでの水原の笑顔が何よりもかわいくてとても印象的なシーンでした。和也に正面からお礼を言う水原もいつものツンツンした感じとは一変していてよかったと思います。

自分の無理を押し切って映画の撮影を始めたと思っている和也にとって、水原からの言葉は何よりもありがたいものになったのではないでしょうか。

出来上がった映画がどのようなものになったのか、世間の評価はどうなるのか、まだまだこれから目が離せませんね。

彼女、お借りします【137話】考察予想

ラストシーンを撮りきった和也たちですが、二人で一つの部屋に泊まるという事実が新たな展開をもたらすことも考えられます。

二度目とは言え、水原のことが気になっている和也にはドキドキがとまらない展開になること間違いなしだと思います。

また、前回と違って和也への思いを少しでも意識しだした水原にとっても思いがけない展開になるのではないでしょうか。いつもとは違った水原の可愛い顔が見られるかもしれないので楽しみです。

➡彼女、お借りします【137話】へ

まとめ

2020年4月15日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【136話】「ラストシーンと彼女➄」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「彼女、お借りします」の最新刊を無料で読む