鬼滅の刃

鬼滅の刃【禰豆子】太陽を克服したのはなぜ?何巻の何話も!

鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまったのは主人公である竈門炭治郎の実の妹、竈門禰豆子。

鬼になったのでもちろん太陽の光に当たると死んでしまう禰豆子は、箱に入れて炭治郎に運んでもらったりと太陽の光を避けてきました。しかし、そんな禰豆子も太陽を克服する時がやって来たのです。

この記事では、竈門禰豆子が太陽を克服した理由とそれが何巻何話に載っているかについてまとめています。

鬼滅の刃【禰豆子】太陽を克服したのはなぜ?

珠世は禰豆子が近いうちに太陽を克服することを予想していました。それは鬼滅の刃【第15巻】に収録されている第127話「勝利の鳴動」にて描かれています。

禰豆子の血を受け取り研究を続けている珠世。禰豆子の血のお陰で、浅草にて炭治郎の目の前で無惨に鬼にされてしまった男性が自我を取り戻し、少量の血で生きていけるようになりました。

研究所の結果、禰豆子の血は短期間のうちに成分が何度も変化していることがわかりました。変化するうちに、禰豆子は必ず太陽を克服することができました。

この後も珠世による研究が続きますが、何度も変化するうちに柔軟に対応できるよう進化したのでしょうか?とりあえず禰豆子は太陽の下を元気に走り回るようになったのでした。

禰豆子が太陽を克服したことはすぐに無惨にも伝わりました。無惨はもともと太陽を克服する方法を探していたので禰豆子を食べればその悲願が達成されることを知り、禰豆子を狙い始めます。

禰豆子が太陽を克服したことは禰豆子をめぐってこれまで以上に熾烈な戦いが始まることを示唆していたのでした。

それでは禰豆子が太陽を克服したのは何巻の何話だったのでしょうか?その答えはまたも15巻にあります。

鬼滅の刃【禰豆子】太陽を克服したのは何巻の何話?

禰豆子が太陽を克服したのは、鬼滅の刃【第15巻】に収録されている第126話「彼は誰時・朝ぼらけ」にて判明します。

半天狗との戦い中、夜が明けてしまったことで禰豆子の体がジュと焼けはじめて消滅しそうになります。炭治郎は禰豆子を太陽の光から守ろうとします。

このままでは半天狗に逃げられてしまうも禰豆子の方が大事な炭治郎。しかし、半天狗を殺せと言わんばかりに禰豆子に蹴り飛ばされてしまいます。そうなると半天狗を追うしかない炭治郎は禰豆子の願い通りに半天狗にトドメを刺しました。

禰豆子を犠牲にしてまで倒した敵。達成感と共に絶望が炭治郎を襲う中で、なんと口の竹筒を外した状態の禰豆子が現れたのです。夜が明け始めてからかなり時間がたっているので、禰豆子が立っているのはもちろん太陽の光が当たる場所です。

禰豆子は太陽の光を浴びても生きられるようになったのです!!同時に少しだけ言葉も話せるようになりましたが、鬼の特徴は残ったままなので人間に戻ったわけではありませんでした。しかし口枷がはずれた禰豆子の姿は本当にかわいらしいです。

鬼滅の刃【15巻】を無料で読む方法

それでは、禰豆子が太陽を克服した鬼滅の刃【15巻】を無料で読む方法についてご紹介させてください。

鬼滅の刃の15巻を読むなら断然U-NEXTです。U-NEXTは動画配信サービスで、初回登録時には31日間無料で利用することが可能です。

漫画を読むにはポイントが必要になりますが、それもご安心ください、初回600ポイントが付与されますので、そのポイントで結果無料で読むことができます。

アニメ「鬼滅の刃」26話見放題作品となっています。登録は2~3分ですぐにできますし、無料期間中の解約も簡単にできますのでぜひお試しくださいね。

U-NEXTへ

まとめ

この記事では、【禰豆子が太陽を克服した理由】についてまとめました。漫画でいうと15巻126話に載っています。

何はともあれ、禰豆子が太陽を克服できたのは本当に良かったです。誰よりも嬉しいのは炭治郎ですが、これから無惨が狙ってくることが恐ろしいですよね。