鬼滅の刃

鬼滅の刃【177話】最新話ネタバレ確定&感想!弟|178話を考察

こんにちは。2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【第177話】「弟」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

176話では、頸を斬られても、弟である縁一以外には絶対に負けないと強く思っていた黒死牟はとても醜い姿になってしまったしまったことで、侍としての自分がわからなくなっていました。

自分は一体何になりたかったのか、そう考えた黒死牟は縁一になりたかったことに気づきます。

➡「鬼滅の刃」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら

鬼滅の刃【177話】最新話ネタバレあらすじ

今回の話はまだ人間だった頃の黒死牟の話。人を妬まない者は運良くその対象に出会わなかっただけなのだと黒死牟は考えます。

黒死牟が生まれた時代、双子は不吉とされ弟であり不気味な痣をもった縁一は父によって生まれてすぐに殺されそうになっていた。

しかし、母が発狂したため縁一は殺されず十になったときに寺に出家させられることになりました。

生まれたときから着物、部屋、食べ物、何もかもにおいて兄である黒死牟と弟の間には大きな格差がありました。

そのせいなのか、縁一は母親離れができずに、ずっと母の左側にくっついており、黒死牟はそんな弟を可哀想だと思っていました。

黒死牟は隙をみては縁一の部屋に遊びに行っていましたが、縁一は赤子の頃からにこりとも笑うことなく、七つになるまで耳が聞こえないのだと思われていました。

縁一の耳が聞こえると分かったのは、七つになった頃に庭で素振りをする黒死牟に向かって縁一が話しかけてきたからです。

黒死牟が侍になると知ると縁一も侍になると言い始めましたが、縁一は出家して僧侶になることが決められていました。

自分の未来を分かっているのか分かっていないのか、笑う縁一は黒死牟にとって、とても気味が悪いものでした。

剣技を学びたいと言った縁一に、黒死牟に剣技を教えた父の輩下が講堂で剣の持ち方を教えました。

すると縁一はまるで熟練された剣士のように剣を振ると、黒死牟が一本も取れなかった父の輩下に四発も叩きいれ失神させてしまいました。

縁一に打たれた父の輩下の体は大きく腫れ上がり、同時に人を打つことに不快感を覚えた縁一は侍になりたいとは言わなくなりました。

それでも黒死牟は縁一の強さの秘密を知りたくて、縁一に聞き続けました。すると縁一は生き物の体が透けて見える、筋肉や血の流れが見えると言い出したのです。

縁一は生まれながらにして黒死牟よりも優れた資格と身体能力を持っていました。

努力すれば成長していった黒死牟ですが、もともと才能をもつ縁一には叶うはずもありません。

このままではいずれ黒死牟と縁一の立場が逆転してしまうだろうと、黒死牟が危惧したとき、母の死の知らせと同時に縁一が出家を早めると言う知らせが入りました。

縁一が立ったあと、黒死牟は母の日記から縁一が跡継ぎになるから早めに家を出たことを知ります。

縁一には母の病のこともわかっていたようで、だんだん左半身が悪くなっていたと書かれていました。

左半身。

縁一はずっと母にしがみついていたのではなく、悪くなっていく母の左側を支えていたのです。

そのことに気づいたとき、黒死牟の心の中は縁一への嫉妬でいっぱいになりました。

鬼滅の刃【177話】の感想

今回の話は、黒死牟の生まれてからの話で読んでいて楽しかったです。目に光がない縁一でしたが、剣をもったときの鬼のような形相はとても怖かったです。

縁一は生まれつき人間の中を見る力があるのですが、そう考えると自分達の力で見えるようになった行冥はかなりすごい人なのですね。

出家をする際に、笛をてにもって笑う縁一の顔はすごく可愛かったです。黒死牟が笑うシーンも描かれなかったので、縁一の可愛さが際立って見えました。

鬼滅の刃【178話】考察予想

次回はまだ黒死牟の過去の話が続くでしょう。まだ、私は2番目の侍になります、という縁一の言葉がでてきていないので、出家後にまた縁一と黒死牟が出会う部分が1番の楽しみです。

剣技から興味をなくした縁一がいつどのようにして、また侍になろうと思ったのかが気になります。

2人とも良い青年になっている場面が前に出たので、黒死牟は後を継いだあとに縁一を探しに外へ出るのだと思っています。縁一がいなくなったあとも、黒死牟が大切にされたのかどうかも気になります。

➡鬼滅の刃【178話】へ

まとめ

鬼滅の刃【第177話】「弟」のネタバレと感想&178話の考察予想についてまとめました。

➡「鬼滅の刃」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら