鬼滅の刃

鬼滅の刃【197話】ネタバレ確定&感想|無惨疲労!伊之助と善逸が?!

こんにちは。2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【197話】「執念」のネタバレや個人的感想&198話の考察予想についてまとめました。

196話では、夜明けが近づくため自分自身の体を分裂させて逃げようとする無惨でしたが、ここで無惨には人間に戻る、老化を進める以外の薬も打ち込まれていたことが判明します。

分裂することが出来ない無惨に珠世の影が怪しく微笑みます。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新巻を無料で読む

鬼滅の刃【197話】最新話ネタバレあらすじ

自分自身が強くならずとも無惨を弱くすればいい。

無惨を殺すためならばどんな手段であっても構わないのだと無惨の精神に珠世が説きます。

珠世の薬によって体に多くの変化が現れている無惨は、本来ならば全く聞くはずのない攻撃の全てからダメージを受けていました。

さらにこれらの薬は童磨に使用された物とも別物であり、分析・分解にも時間がかかります。ここで無惨の動きがピタリと止まりました。

このチャンスを逃すまいとする炭治郎でしたが、次の瞬間無惨の体から“ドン”と雷が放たれたような大きな衝撃波が出て来て炭治郎、小芭内を襲いました。

飛ばされた炭治郎は痙攣が止まらず、呼吸さえもままなりません。

このままでは逃げられてしまうと炭治郎が手を伸ばした先にいる無惨は、右肩から左わき腹にかけて無数の牙が生えた巨大な口が現れていました。

無惨による攻撃の影響を受けたのは炭治郎たちだけではありませんでした。屋敷にいる輝利哉たちが倒れてしまったのです。

目の代わりとなっていた鴉たちも地面に落ちてしまいました。

すぐに目を戻して自らの使命を全うしようとする輝利哉を心配して肩に手をやる槇寿郎は、無惨に場所を気取られてはいないかを危惧します。

場面は戻り、肺が潰れたのか呼吸が出来ず立ち上がることが出来ない炭治郎は、逃げる無惨を目で追うことしかできません。

その時、炭治郎の目に無惨に飛び掛かる伊之助の姿が入ってきました。先ほどと同じように衝撃波を出そうとする無惨ですが疲労で術が出せません。

伊之助は自分達を庇って手足を失った柱のことや、周りに倒れる仲間たちのことを話すと、それらの命のために100万回死んで償えと無惨に叫びます。

涙が溢れる状態で戦う伊之助ですが斬撃は当たらず、地面から出てきた無惨の触手に噛み砕かれます。

伊之助を助けたい炭治郎ですがやはり体は動かず、徐々に視界は暗くなっていきます。ここで善逸が現れて無惨の触手から伊之助を救い出します。

炭治郎の心音を聞き取れている善逸は生きることだけを考えろと炭治郎に訴えます。善逸も無惨の攻撃を受け、助けようとした伊之助も壁に叩きつけられてしまいました。

炭治郎は自分の体が無惨の血鬼術の影響を受けていると考え、震える腕で日輪刀を自身の体に突き刺しました。日輪刀は蒸気を上げます。

どんどん動けなくなっていく無惨とは対照的に、残る力を振り絞り何度でも立ち上がる善逸、伊之助。義勇と行冥も立ち上がり戦場へと向かっていました。

鬼滅の刃【197話】感想

炭治郎がまたもや戦闘不能となってしまったところで伊之助たちが来てくれました。伊之助の仲間たちを想って泣くところは本当に好きです。

伊之助が本当はとてもいい奴であることが良く伝わってきます。今回、危惧していた通り無惨が更なる力を発揮してきました。

しかしかなりヘトヘトのようなのでおそらく最終兵器なのでしょう。これを乗り越えることが出来れば、それは無惨に勝利するという事を表します。もう少しだけ、頑張って欲しいです。

鬼滅の刃【198話】考察予想

無惨の攻撃が屋敷まで届いたことには何か意味があるのでしょうか。天元と槇寿郎が影響を受けていないことから、使用している“目”を経由して影響を受けてしまったのだと考えます。

もしもこれで無惨に場所がバレていれば、無惨は輝利哉を狙って来るかもしれません。さらに言うと、そこに禰豆子がいると思っているかもしれません。

あと25分で無惨がどれだけのことをするかは全くの未知数です。ここにきて他の鬼が来てしまう可能性も捨てきれません。

➡鬼滅の刃【198話】へ

まとめ

2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【197話】「執念」のネタバレや個人的感想&198話の考察予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル