鬼滅の刃

鬼滅の刃【201話】ネタバレ考察!無惨も炭治郎も本当に死亡?

こんにちは。2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【201話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(201話確定記事はこちら

200話では、遂に長きに渡る戦いに終止符が打たれました。太陽の光を全身に浴びた無惨は、その大きな肉で包まれた体を維持することができずに崩壊してしまいました。

勝利を収めた鬼殺隊でしたが、この勝利の代償はとても大きく、行冥、小芭内、蜜理、そして炭治郎が命を落とすこととなりました。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【201話】ネタバレ「禰豆子の涙、炭治郎は本当に死んでしまったのか」

膝を地面についたまま倒れない炭治郎は、もう息をしておらず脈も触れません。この激しい戦いに耐えることはできなかったのです。

元より、無惨によって顔に異常な細胞分裂を起こしてしまった際に、炭治郎は1度心臓が止まっています。

あの時は先祖の記憶に触れることと、愈史郎の手当てを受けたことでこの世に舞い戻ってきました。

禰豆子が父の言葉を受けて炭治郎を助けに来たこともあり、禰豆子の存在が炭治郎に奇跡を起こしてくれることを心から信じたいです。

心臓マッサージは行われると思うので、愈史郎も加わってどうか助かって欲しいです。実弥のように、お前はまだこちらには来られないと言われて生き返るかもしれません。

鬼滅の刃【201話】ネタバレ「日の呼吸13の型は関係なかったのか?」

炭治郎はずっと呼吸にこだわり、無惨を倒すにはもう13番目の型を出すしかないとまで考えていました。

その13番目の型についても、無惨との戦いの最中でようやく気づくことが出来ました。しかし、無惨との戦いでは結局13番目の型は完成しませんでした。

そのまま無惨との戦いを終えてしまったのです。漫画の展開として、この伏線を回収せずに終わってしまうことは考えにくいです。だからこそ、炭治郎は生きて13番目の型を完成させなければいけないと思います。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【201話】ネタバレ「無惨は本当に倒せたのか?」

無惨戦クライマックスと書かれていたため無惨は倒したのだと思います。それでも何か物足りなく感じることと、少し違和感があることから無惨はまだ完全に絶命してはいないのではないかと思っています。

それは上記で述べた炭治郎13の型のことに始まり、無惨が崩れた時に下半身が消え去ることが描かれていないことが上げられます。

これまでに日の光で死亡した鬼たちは跡形もなく消えていました。無惨もそうなると思うので小さな細胞を飛ばしてまだ生きているのではないでしょうか。無惨の持つ生への執着は伊達ではありません。

まとめ

2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【201話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル