鬼滅の刃

鬼滅の刃【青い彼岸花】とは?無惨が探し求める理由についても!

鬼滅の刃にて主人公竈門炭治郎が探し求める最大で最強の敵、鬼舞辻無惨。無惨は炭治郎の家族の命を奪い、炭治郎の妹の竈門禰豆子を鬼に変えてしまいました。

鬼を作り出すことが出来る無惨ですが、無惨にはずっと探し求めている《青い彼岸花》というものがあります。この記事ではその青い彼岸花についてまとめました。

鬼滅の刃の青い彼岸花とは?

青い彼岸花とは薬です。実際に青色の彼岸花を使用して作られているようです。この事に関しては鬼滅の刃【第15巻】に収録されている第127話「勝利の鳴動」にて描かれています。

無惨が青い彼岸花を探す理由は?

無惨が青い彼岸花を探す理由は太陽の下を歩くことができないという鬼の特徴に直接関係しています。無惨が鬼となったのは、平安時代の1人の善良な医者が原因です。

病を患い、床に伏していた無惨は20歳になる前に死ぬと言われていました。医者は無惨を少しでも長生きさせようと手を尽くしていたのですが、無惨の病状は悪化していきます。

無惨はその事に腹をたてて医者を殺害したのですが、医者がいなくなったことで薬が無惨の病に効いていたことが判明しました。

鬼となった無惨は強靭な体を手に入れるも、日光に当たれば死んでしまうというのは本能で気づいていました。

太陽の出ている昼間の行動が制限されてしまうため、無惨は医者が使っていた薬青い彼岸花の作り方を探すも試作段階だったからか医者が残した調合には記されていませんでした。

さらに使用されている青色の彼岸花の生息地も、死んだ医者以外知るものはいませんでした。

無惨は完全な不死身となるために青い彼岸花を探していたのです。

鬼滅の刃【無惨】青い彼岸花は必要ない?!

完全な不死身の体となるために、無惨は青い彼岸花を探すと同時に太陽を克服できる体質の者を探すことを最優先事項としてきました。

そのために自らの血を分けて沢山の鬼を生み出してきたのです。それが遂に実を結びます。

鬼滅の刃【第15巻】に収録されている第126話「彼は誰時・朝ぼらけ」同巻収録第127話「勝利の鳴動」禰豆子が太陽を克服したのです。

自身の生み出した鬼の行動は全て把握できる無惨は、半天狗との戦いの後、禰豆子が太陽を克服したことも知っていました。

これにより青い彼岸花を探さずとも、禰豆子を食べれば不死身の体になれると無惨は歓喜しました。

無惨の標的が禰豆子になったことは、鬼殺隊にとっては悪い知らせですが、逆に無惨から向かってきてくれるということなので見つけやすくもなったと言えます。

鬼滅の刃【15巻】無料で読む方法

鬼滅の刃に出てくる”青い彼岸花”。それが何なのか、無惨がなぜ欲しがっていたのかが分かりスッキリしましたね。このあたりのお話が掲載されている漫画15巻を購入して、できれば読んでみたいですよね?

でも今すぐは買いにいくことができなかったりするとまぁいいか!となってしまいますが、もしも今すぐ!しかも無料で読む方法があるとしたら読んでみたいでしょうか?

無料で読むオススメの方法として、U-NEXT(ユーネクスト)があります。U-NEXTとは動画配信サービスですが、電子書籍も34万冊の取り扱いがあります。

初回登録時は31日間は無料で利用でき、付与される600ポイント鬼滅の刃【15巻】418円を購入することができます。

登録、解約は2~3分ですぐにできますのでぜひお試しくださいね。

U-NEXTへ

まとめ

無惨が千年以上も探し求めてきた青い彼岸花ですが、禰豆子の変化によりそれも必要なくなりました。さらに熾烈な戦いが待っているので、鬼滅の刃もどんどん盛り上がっていくこと間違いなしです。

➡禰豆子が太陽を克服した理由についてはこちら

この記事では、【無惨が青い彼岸花を探す理由】についてまとめました。お役に立てれば嬉しいです。