鬼滅の刃

鬼滅の刃【190話】ネタバレあらすじ考察!小芭内死す!?痣が発現!!

こんにちは。2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【190話】のネタバレ考察予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

189話では、茶々丸の登場で体が限界を迎えていた柱たちは復活しました。まだ戦える、と無惨に向かっていく柱たちでしたが、そんな中でも自分は役に立っていないと引け目を感じる小芭内にスポットライトがあたりました。

小芭内は刀を強く握ることで、自身の刀を赫刀へと変化させました。

➡「鬼滅の刃」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【190話】最新話ネタバレ「小芭内に変換、痣は!?」

小芭内が自力で刀を赫く染め上げました。無一郎のことを思い出して答えを出せたのは素晴らしいです。週刊少年ジャンプにあるコメントからは”痣発現”の文字が見てとれましたが小芭内のどこに痣が出ているのかはわかりませんでした。

第189話ラスト1つ前のコマにて痣の出た体が描かれているのが小芭内の体なのでしょうか?

そこまで無一郎を描いていたので無一郎だと思っていましたが、蛇のような痣なので、もしかしたらあれは小芭内の体だったのかもしれません。

➡鬼滅の刃【190話】確定へ

鬼滅の刃【190話】最新話ネタバレ「小芭内死す!?」

痣を発現はさせたからと言って小芭内がとてつもなく強くなるのか、と言ったらそうではありません。珠世の薬によって柱たちは無惨の血による細胞の破壊を一旦止めることができました。

しかし、体にはかなりのダメージ、疲労が蓄積しています。これはかなり厳しいです。上弦の壱と戦った際に、行冥と実弥が痣を出し、無一郎が刀を赫く染めましたがそれでも無一郎は死んでしまい行冥たちもかなりの苦戦を強いました。

無惨の実力はそれ以上。そのため小芭内が頑張っても死んでしまう可能性が高いです。

鬼滅の刃【190話】最新話ネタバレ「蜜璃はどうなったの?」

小芭内によって安全なところへ連れていかれた蜜璃。茶々丸が運んできたアンプルはおそらく柱の人数分はあると思いますが、その場にいなかった蜜璃や炭治郎には打たれてはいないと思います。

あのアンプルがあれば無惨の血による症状が緩和されるため、蜜璃も戦いに復帰できるかもしれません。それでなくても、隠に少し治療をしてもらっただけで蜜璃は戻ってくるかもしれません。

どちらが死ぬ、もしくはどちらも死ぬとしても蜜璃と小芭内は最後の瞬間は一緒にいたいと思うでしょう。

まとめ

2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【190話】のネタバレ考察予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル