鬼滅の刃

鬼滅の刃【191話】最新話ネタバレ確定&感想|鬼殺隊の逆襲!炭治郎復活!

こんにちは。2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【191話】『どちらが鬼か』を読みましたのでご紹介します。

190話では、刀を赫くすることに力を使いすぎた小芭内は酸欠で倒れかけて絶体絶命の状態になってしまいました。容赦なく無惨に狙われる小芭内。

そんな小芭内を助けてくれたのは愈史郎の術で姿を隠して現れた善逸、伊之助、カナヲでした。3人の到着で少し余裕ができると戦っていた残りの柱たちも刀を赫く染め上げました。

➡『鬼滅の刃』のアニメ動画や最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【191話】最新話ネタバレあらすじ

愈史郎は炭治郎に何本も薬を打っていました。無惨の攻撃を受けてからかなりの時間がたっていて危険な状態なのです。

意識の無い炭治郎ですが、村田の力では外せないほど強く刀を握りしめています。

それだけ戦いに向かう意志が強いという事です。

炭治郎の脈が戻ってきました。村田たちは必死に呼びかけます。

しかし、炭治郎の脈は再び弱くなっていきました。

早くいかなければ無惨が逃げてしまう、と涙ながらに村田が訴えた直後、炭治郎の刀からギシギシと音が聞こえ始めます。

何度も音が繰り返された後、遂に炭治郎は目を開きました。

無惨との戦いでは伊之助たちが大量に持って来た愈史郎の札を使って実弥も姿を消します。

この札はつけているもの同士であれば姿が見えるようです。

わずかながら戦力が増したことで、行冥は無惨への集中を上げることが出来ました。再び無惨の体が透き通って見えた行冥は、無惨の胸や腕に多数の脳、心臓があるのを発見します。

しかもこれらの臓器は移動するため、無惨は頚を斬っても死なず、攻撃も困難なのです。

自分の他にも体を透かして見ることが出来て、12か所同時に攻撃を出来ないか、と考えた行冥は、この場にいる全員に無惨の体を注視してくれと叫びます。

小芭内が一瞬透き通る世界に入った次の瞬間、大きな音を立てて地面が揺れました。

立っているのは無惨のみ、柱と伊之助、善逸は無惨の攻撃を受けて建物や地面に叩きつけられていました。ピクリとも動きません。

唯一攻撃を受けたもののその場に残っていたカナヲですが、体は言うことを聞かず無惨の前で膝をついてしまいます。カナヲの正面からは無惨が迫ってきました。

無惨が攻撃をしようとした時、ヒノカミ神楽の技が放たれ、無惨の左腕を焼き斬りました。炭治郎の到着です。

顔の半分が盛り上がって右目が無くなってしまっている炭治郎に、無惨はどちらが鬼なのか分からないと言葉をかけます。

その炭治郎の姿が縁壱と重なります。終わりにすると言う炭治郎と無惨が遂に対峙しました。

鬼滅の刃【191話】感想

扉絵は炭治郎と縁壱が背中を合わせているイラストで下。今回の話では炭治郎と縁壱の姿が重なる部分があったので、扉絵でそのことを示唆していたのだと思います。

炭治郎の刀が音を立て始めた時、炭治郎の持つ刀には縁壱の魂が宿っているのだろうかと思いました。

からくり人形から出てきた刀なので、縁壱にゆかりのあるもので間違いないので、縁壱は自分が死んだ後でも必ず無惨を倒すという強い思いを持っていたのだろうな、と感じ取ることができました。

鬼滅の刃【192話】考察予想

次回から炭治郎VS無惨の戦いが始まりますが、まずは会話になりそうです。もとより無惨は炭治郎のことが気に入らないし、それは炭治郎も同じなのでそんなに話すこともないとは思いますが、無惨のしてきたことに対する炭治郎の感情が爆発する展開が待っていると思います。

炭治郎の顔が半分大変なことになっているのは、単なる細胞の増殖なのか、鬼化が進んでいるのかが気になります。また柱や伊之助たちが無事なのかも気になります。

既に誰か力尽きていると思うのですが、愈史郎が駆けつけて何人かだけでも戦えるようにしてくれればと思います。

➡鬼滅の刃【192話】へ

まとめ

2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【191話】『どちらが鬼か』のネタバレ&192話の考察予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル