鬼滅の刃

鬼滅の刃【199話】最新話ネタバレ確定&感想|絶対絶命!赤子無惨、衝撃的な姿へ!

こんにちは。2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【199話】「千年の夜明け」を読みました。

この記事では鬼滅の刃【199話】のネタバレと感想&200話の考察予想についてまとめました。

198話では、善逸、伊之助と力を合わせて無惨の自由を奪った炭治郎はそのまま夜明けの時を待ちます。

それでも無惨は炭治郎を殺そうとしてくるため、炭治郎は自分の命よりも無惨を倒すことを優先しますが、柱に助けられ命ある状態で遂に夜明けの時を迎えます。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【199話】最新話ネタバレあらすじ

迎えた夜明け。山の間から昇ってくる太陽を目にした無惨はまた衝撃波を出します。実弥、小芭内は吹き飛ばされ、炭治郎の左腕も千切れてしまいます。

それでも炭治郎は無惨を放してはいけないと刀を強く握り、刃を赫くしようと試みます。

炭治郎が祈っても刃が赫くならなかった時、義勇が炭治郎の刀を共に握りました。刃の色が変わり始め、完全に赫刀へと変わると無惨は血を吐きます。

太陽の光が差し込むと、無惨の体はジュッと音を立てて灼け始めます。無惨は肉体を守るために膨れ上がり、大きな肉の鎧をまとって赤子のような姿になりました。

義勇は弾き飛ばされ、炭治郎は肉の中に巻き込まれてしまいます。

大きな鳴き声を上げながらハイハイで移動を始めた無惨を日陰に入らせるわけにはいかないという輝利哉の指示で、隊員たちは建物の上から本棚を落として無惨を攻撃します。

隠も車で突撃すると、無惨に叩き潰される前にすぐに逃げ出します。無惨の行く手を阻むため、今度は列車を押し付けます。

隠は戦えない柱に代わって逃げるわけには行けないと、1度下がれと言う輝利哉の指示を聞きません。

また仲間が死んでしまう恐怖に涙しながら輝利哉は逃げろと叫びます。無惨の拳が隠に振り下ろされそうななった時、実弥が無惨の腕を斬り落とします。

今度は列車に乗り上げてくる無惨の頚に行冥が鎖を掛け、隠と共に引っ張りました。無惨をひっくり返すことに成功し、無惨は煙を上げて灼け始めました。

もがく無惨はうつぶせに向きを戻すと、地面に潜ろうとし始めました。義勇、実弥、小芭内が攻撃し、無惨の体力を削りますが、行冥の鎖も切れてしまいました。

もう駄目だと思った時、無惨の体内にいる炭治郎が動きます。大量の血を吐いた無惨が苦しむ最中、まばゆい日の光により無惨の体が崩れ始めました。

鬼滅の刃【199話】感想

急に来た赤子姿の無惨。肉を纏うと言ってもかなり衝撃的な姿に変わってしまいました。その姿は鬼というより妖怪。不吉の象徴のような見た目をしていました。

赤子無惨の行動にはちゃんと意思があるのかが気になりました。柱や炭治郎たちが戦う中、隠の人たちが命を懸けて戦っていた姿は涙なしには読めません。

輝利哉の指示も聞かずに全員が一丸となって戦う姿は、隠も立派な隊士だと感じました。実弥や行冥の到着で誰も死ななくてよかったです。

鬼滅の刃【200話】考察予想

灼け崩れ始めた無惨。中には炭治郎がいます。このまま終わってしまうとしたらあっけない気がしています。無惨は本当に小さな細胞からでも再生することができるのでまだまだ油断は禁物でしょう。

このまま炭治郎が無惨の体内から出てくるのか、それとも刀だけが排出されるのか。もし炭治郎が体内に残ったままであれば少し攻撃を躊躇してしまいます。

無惨はそれを利用して逃げようとするでしょう。逃げ切れないと思われる状況ですが、無惨の生への執着はかなりのものです。

➡鬼滅の刃【200話】へ

まとめ

2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【199話】「千年の夜明け」のネタバレと感想&200話の考察予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル