鬼滅の刃

鬼滅の刃【204話】ネタバレ考察!衝撃のクライマックス!無惨がいなくなった平和な世界!

こんにちは。2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【204話】のネタバレ考察・考察展開予想についてまとめました。(204話の確定記事はこちら

203話では、炭治郎の精神は無惨に縛られて動けなくなっていましたが、生きている仲間が炭治郎を呼び戻そうと叫び、死んでしまった仲間や家族が炭治郎を上へと押し上げてくれたことで炭治郎の精神は無惨から離れることができ、人間に戻ることが出来ました。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【204話】ネタバレ「無惨がいなくなった平和な世界」

炭治郎を鬼に変えてまで鬼が生き続ける世界を作りたかった無惨でしたが、炭治郎は無惨に打ち勝ち人間へと戻ることが出来ました。

無惨が死ねば他の鬼も全て死んでしまうためこの世から鬼は消えて平和な世界がやってくるでしょう。そうなれば鬼殺隊ももう必要は無くなります。

とても長い間消えることなく続いて来た想いは今ようやく果たされたのです。

鬼を出してしまったからなのか病弱になってしまった産屋敷の一族の呪いも解けるのではないでしょうか。

ようやく全ての悲しみが終わる時が来たので、それぞれの道を進むことになるでしょう。

鬼滅の刃【204話】ネタバレ「愈史郎はどうなる?最後の鬼!」

無惨が死亡し炭治郎が人間に戻った段階で愈史郎はまだ生きていました。

無惨の死と共に消えないと言うのは愈史郎は珠世に変えた唯一の人間だったからなのかもしれません。

炭治郎を人間に戻すためにカナヲが「鬼を人間に戻す薬」を使いました。

あれがあれば人間に戻ることが出来ると思います。

しかしカナヲが使ったのは最後1本

この世に同じ薬はありません。あの薬はしのぶと珠世の合作だったので愈史郎も調合現場に立ち会っていたと思いますが作ることは可能なのでしょうか。

またもう1つの可能性として、無惨の死により愈史郎の“”の部分だけが死に人間に戻ることが出来るかもしれません。

鬼滅の刃【204話】ネタバレ「物語はクライマックスを迎えてしまうのか!?」

これで鬼との戦いが本当に終わったという事で週刊少年ジャンプ本誌には繰り返し次回はクライマックスと書かれていました。

これはつまり次回で最終回を迎えてしまうことを示していると捉えることができます。

他のキャラが鬼殺隊解散後に何をするかは数コマで描かれて、炭治郎と禰豆子は家に帰ると言うところが描かれて終わるのでしょうか。

幸せなラストになるのであれば炭治郎とカナヲが結ばれ、禰豆子も誰かと結ばれる結末になるかもしれません。

鱗滝への感謝のシーンなども描くのであれば次回1話で終わらしてしまうのは少し無理やりなように感じるのでまだまだ続くことを願います。

まとめ

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【204話】のネタバレ考察・考察展開予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル