鬼滅の刃

鬼滅の刃【205話】ネタバレ考察|ついに最終回!現代までヒノカミ神楽は継承される?

こんにちは。2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【205話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(最終回205話の確定はこちら

204話では、無惨との激闘から3ヶ月。炭治郎の体も順調に回復していました。鬼殺隊は解散され、炭治郎と禰豆子は善逸と伊之助を連れてようやく家へと帰ってきました。

鬼もいなくなり平和が訪れた世界。そして物語は現代へと進みました。

鬼滅の刃【205話】ネタバレ「時代は現代」

炭治郎達がいた大正時代から時間は一気に進んで高層ビルが立ち並ぶ現代に時代背景は移ります。平成であるとすればおよそ100年の時が進んだことになります。

ここでの展開で物語が終わるのか進むのかが決まります。鬼が再び現れていれば物語は続くでしょう。

鬼がいない場合今度こそ最終回となるのではないでしょうか。

予想としては再び鬼が現れて鬼殺隊再結成されているのだと思います。そうであれば現代での鬼殺隊はもう炭治郎たちではありません

鬼滅の刃【205話】ネタバレ「呼吸は続くのか」

無惨を倒した段階で呼吸を使えた剣士は義勇、実弥、炭治郎、善逸、伊之助、カナヲです。

鬼を倒すという目的で派生していった様々な呼吸は鬼がいなくなった世界で受け継がれることはあったのでしょうか。

炭治郎だけは日の呼吸13番目の型にこだわっていたこともあり自ら鍛錬を重ねていたかもしれません。

もともとヒノカミ神楽を絶やしてはいけないという父の教えもあったので炭治郎は自分の子供にもヒノカミ神楽を見せているでしょう。

感の良かった炭治郎の子供であれば、自然と体が炭治郎の動きを覚えており、ヒノカミ神楽と日の呼吸は自然と継承されていくと思います。

\5/13発売/
\『試し読み』から今すぐチェック!/
ebookjapanへ

鬼滅の刃【205話】ネタバレ「現代での鬼はどうして現れたのか」

体の弱かった無惨が大昔、どうして鬼となったのかも定かではありません。そこが分からないため、他にも無惨と同じように突然となる者が現れてもおかしくないのです。

また考えたくはないですが愈史郎が関係している可能性もあります。炭治郎に死ぬなと言われて愈史郎は太陽を克服する、もしくは人間に戻る方法を探している可能性があります。

珠世は研究のために沢山の鬼の血を集めていました。鬼である愈史郎が研究のためにどうにか鬼を増やしていれば、その中の1体が悪の心を持ち逃げていったということもありえます。(最終回205話の確定はこちら

まとめ

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【205話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル