キングダム

キングダム【624話】最新話ネタバレあらすじ感想|人の代表

こんにちは。2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【624話】『人の代表』を読みましたのでご紹介します。

623話では、李牧と龐煖は出会い、龐煖は李牧が「自らの答えを導く者」だと告げます。龐煖は求道者であり、その根本の目的は戦乱に苦しむ人々の救済であった。

自らの武を神域にまで到達させることで、人々を救済出来るのだと堅く信じる龐煖。李牧の話の最中も、信と龐煖の激闘は続いている。

➡「キングダム」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

キングダム【624話】最新話ネタバレあらすじ

龐煖の目的を理解した李牧の幕僚達の1人が「龐煖にそのような愛は感じらぬ」と告げる。

それに対して、李牧は「求道者にはそのような情は無い」と返します。

その間にも龐煖の凄まじい攻撃は続き、防戦一方の信。

信は吹き飛ばされ、吐血しつつも必至に立ち上がり、龐煖へと攻撃を仕掛ける。

信と龐煖の眼光は鋭く、ぶつかり合う矛がひしめき合う。

力の均衡は崩れ、龐煖の矛が徐々に信に迫り来る中、必死にそれを受け流し、秦は態勢を整える。

体制を整えた信の眼前に龐煖の矛が迫り、腹部に斬撃が決まる。

身に纏った甲冑は鈍い音を立て、龐煖の矛先に信の返り血がしみこんでいく。

勝敗は決まったに思えたが、秦は矛を支えに立ち上がり、周囲が唖然とする中で龐煖へと斬撃を繰り出す。

その様子を見守っていた李牧は「信も、その仲間達も人の代表なのだ」とカイネに述べ、周囲の者達は驚愕する。

その一撃を龐煖が初めて刃先で受けてめた為だ。

じわじわと龐煖に迫る信の矛。

龐煖が信を見ると、そこには宿敵王騎の幻影が映って見えた。

龐煖が信の矛を振り払い、腹部へと蹴りを放つ。

倒れ込んだ信に怒涛の連撃を始める龐煖。

信は辛うじて防ぐも、至る所に傷を負っていく。

その様子を見た飛信隊は龐煖に突撃を敢行するも、龐煖の眼光に足が止まる。

李牧は「自身が龐煖を答えに導く者ならば、信こそが答えを持つ者だ」とカイネに告げる。

斬撃を受けて止める信に龐煖は「お前達は何者なのだ?」と問う。

カイネは信も人の代表であることを理解し、彼が人の答えだと悟る。

信は龐煖に「天下の大将軍だと何度も言っている」と力強く啖呵を切るのだった。

キングダム【624話】感想

信と龐煖が人の代表であり、信こそが龐煖の求める答えを持つ者なのだとしたら、天下の大将軍であることこそがその答えなのでしょう。

武功を重ね、強敵との戦いで成長し、着々と追いかける背中である王騎大将軍に近づいている信。その姿に感動を覚えました。

傷つきながらも、何度でも、何度でも立ち上がり、龐煖へと向かっていく信の姿は「どんな状況でも諦めない心」をしっかりと王騎将軍から受け継いでいるのでしょう。

王騎将軍の矛を託され、それを使いこなしつつある信が更なる成長を遂げる一騎打ちになることは間違いないと思います。

キングダム【625話】考察予想

次回は満身創痍の信が龐煖に打ち勝つ姿を期待したいです。信の背中に宿る王騎将軍の幻影が信に更なる力をきっと授けてくれるでしょう。

王騎将軍の仇、麃公大将軍の仇、自身の副官であり、龐煖に無残に敗れた羌瘣の仇、一刀両断されて殺されてしまった飛信隊の仲間達。

彼等の無念を晴らし、武神の化身である龐煖を討ち果たすことこそ、信の本懐である以上、次回は今回以上の激闘が予想されます。龐煖の武は圧倒的ですが、徐々にその領域に迫りつつある信の覚醒を大いに期待したいと思います。

➡キングダム【625話】へ

まとめ

キングダム【624話】『人の代表』のネタバレと感想&625話の考察予想についてまとめました。

➡「キングダム」のアニメ動画と最新刊を無料で読む