キングダム

キングダム【625話】最新話ネタバレあらすじ感想|矛盾の答え

こんにちは。2019年12月12日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【625話】『矛盾の答え』を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもう一度振り返りたい方はこちら

624話では、朱海平原の戦いの趨勢は信と龐煖の一騎打ちによって、決められんとしていました。

何度でも立ち上がり、龐煖へと迫り来る信に対して「何故だと?」と口にする龐煖。それに対して、信は「天下の大将軍だと」盛大に啖呵を切るのでした。

➡「キングダム」の最新刊を無料で読む

キングダム【625話】最新話ネタバレあらすじ

糸凌と馬呈の一騎打ちに始まり、両者共に互角。

倉央軍へのと攻勢へ迫る秦軍は勢いに乗り、田里弥軍においては田里弥が動かない李牧本陣を眺めていました。

そこへ現れる王翦将軍・王賁・蒙恬。

王翦を出迎えた田里弥は李牧が避難しないことを自分には分かりかねる旨を王翦に報告します。

蒙恬は横から攻撃を迫る飛信隊に何かがあったのではないかと進言し、王翦はその言葉に李牧本陣を見ながらも呟くのでした。

李牧本陣においては、信と龐煖の一騎打ちが更に激しさを増し、防戦に徹していた信が龐煖と互角の攻防を繰り広げています。

本陣に迫る危機に幕僚達は李牧に避難を進言するも、李牧は沈黙するのみ。

カイネに早く李牧を避難させるように指示を出すも、カイネも同じく激闘を見守るだけです。

信が武において龐煖に迫りつつある現状の解説を始める李牧。

17年前に王騎に敗れたこと、8年前においても自分1人では王騎に勝てなかったこと。

当時から龐煖は個人の武を極めているにも関わらず、勝てないことに矛盾が生じる。

その矛盾こそが答えであり、目の前の信が体現しているものでした。

信が龐煖へと攻撃を加え、龐煖の態勢も崩されます。

態勢が崩された状態で龐煖は信へと連撃を食らわせ、その攻撃を受けた信はその場に倒れ込みそうになります。

しかし、仲間の声援を受けた信は龐煖へと反撃を行い、龐煖は初めて片膝つきます。

武の結晶である龐煖とは対極に位置する力、それは関わる人間たちの思いを紡ぎ、束にして戦う力だったのです。

キングダム【625話】感想

朱海平原の戦いの趨勢は信と龐煖の一騎打ちによって決まることは間違いないでしょう。ボロボロになりながらも、何度でも立ち上がり、何度も攻撃を加えていく信の心の強さ。

今まで一緒に戦った仲間達の思い、強敵達との激闘、偉大なる大将軍の背を見て来た信の真なる強さが発揮された625話でした。

前回までは防戦一方だった信があの武神龐煖と互角の戦いを始めたのはやはり、対極の力である「関わる人間たちの思いを紡ぎ、束にして戦う」絆の力と言ったところなのでしょう。

キングダム【626話】考察予想

李牧本陣に迫る秦軍によって、戦線は崩壊寸前にあり、対極的に見ても秦軍の優勢は明らかになりました。秦軍総大将の王翦は田里弥軍と合流することで難を逃れたのに対して、趙軍総大将の李牧は本陣を離れようとしない。

信と龐煖の激闘は続きますが、その決着が朱海平原の戦いの趨勢を決めることになるのは間違いないでしょう。

糸凌と馬呈の一騎打ちの行く末も気になるところですが、やはり信と龐煖の一騎打ちの結果の果てに信の将軍への道が開かれるのだと考察出来ます。

まとめ

キングダム【625話】『矛盾の答え』のネタバレと感想&626話の考察予想についてまとめました。

➡「キングダム」の最新刊を無料で読む