ヤングマガジン

寄生列島【5話】最新話ネタバレあらすじ感想|禊と倖女

こんにちは。2020年3月30日発売の週刊ヤングマガジン2020年18号より、寄生列島【5話】「禊と倖女」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

4話では、島を出る船便もなく、さらに家まで焼かれてしまった千尋と瑞樹(千尋の父親)。 そんな二人の窮地に、町内会の会長の息子、鴻島真が手を差し伸べます。

丁度この日、島では五百年続くといわれる儀式が始まろうとしていました…

寄生列島【5話】最新話ネタバレあらすじ

千尋たちのいる蔵の前を、巨大な藁人形と共に町民たちが行列を作って通り過ぎていきいます。

行列の中には真の父親である町内会長の姿も。

その藁人形の異様さから、千尋はあの行列は何かを真に訊ねました。

この行列は、ある儀式なのだと誠は説明します。

島の禊(みそぎ)の儀式で、巨大な藁人形は島民の代わりに島の不浄を引き受ける依り代で、最後は燃やして炎で清めるだと。

さらに、未成年で未婚の女性は島の神に所有権があるという考えがこの花山島にはあり、その中でも選ばれた女性は倖女と呼ばれ、島の神に捧げられると誠は話します。

捧げられるのは倖女の処女…

やがて行列は広場で止まり、町内会長が島民に口上を述べます。

まず島で起こった厄災(人災)を語り、長老はその原因が島に穢れが充満しているせいだと結論したことを皆に伝えます。

よって、島の禊を執り行うのだと。

次に町内会長は島の神に捧げる倖女を紹介。

倖女3人が呼ばれ、その中には千尋のクラスメイト、大島奈々子がいました。

古の時代は島の神に文字通り命を捧げねばなりませんでしたが、現在では長老が島の神の代理を務め、倖女の献身が供物と様式は変化。

島民から拍手される倖女たち。

しかし、そんな中で拍手どころか今すぐにでも儀式をぶち壊したいと思う人物がいました。

奈々子の恋人、小島寛太です。

寛太は今時こんなの絶対におかしいと思っていました。

こんなことはもう止めようと声をあげたい寛太でしたが、どうしてもその勇気がありません…

その頃、港では千尋たちが島を離れるために使える船がないかを真が探していました。

自分の家の船で使えそうな船があったことを千尋に電話を入れて報告。

そこへ港を見回りしていた島民3人が現れ、真は千尋と連絡を取り合っていることを知られてしまうのでした…

寄生列島【5話】感想

まだ連載が始まってわずか一ヶ月だというのにハイペースで事件が起きていた理由は、この「島の禊」にあったんですね…なるほど。

しかし、なぜ花山島の島民が、この非常識な儀式を受け入れているのか理由がわかりません。ただ、真や寛太のように、儀式に納得していない人間たちも少数ながらも島内にいる事が分かってちょっとホッとしました。

今回初登場の長老ですが、はたして島内でどれくらいの実力者で権力を誇示しているのかも謎ですね…。それにしても…長老が神様の代わりに倖女から献身を受け取る部屋に、なぜ関係のない町内会長までいるんでしょう?

➡「ヤングマガジン」の最新版を無料で読む

寄生列島【6話】考察予想

長老しか倖女から献身を受けられないにもかかわらず、なぜ島民の男達はこれほどまでに儀式を崇めているのか…それはやっぱり寄生虫に侵入されているからでしょう。

この倖女ですが、処女という条件があります。この条件が寄生虫にとって意外と大事なことなのかもしれません。

この寄生虫は処女の体に侵入することで何かしら変異なりして、その能力も変化するのではないでしょうか。

今回倖女に選ばれた奈々子ですが、おそらく恋人の寛太が助けに来るのではと考えます。
奈々子を救出し、島からの脱出を図る過程で千尋親子と共同戦線を組むのでは?

➡寄生列島【6話】へ

まとめ

2020年3月30日発売の週刊ヤングマガジン2020年18号より、寄生列島【5話】「禊と倖女」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「ヤングマガジン」の最新版を無料で読む