まんがグリム童話

声なきものの唄70話ネタバレ!岸に襲われるチヌ!彼女を救った人物は…?!

2022年1月28日発売のまんがグリム童話2022年3月号掲載「声なきものの唄」70話についてネタバレです。

声なきものの唄を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

https://mizuki-ten.jp/koenaki-free/

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~を無料で読む方法を徹底調査!

https://mizuki-ten.jp/koenakimononout-muryo/

【前回のあらすじ】

遊廓は、男が唯一弱さを見せられる場所だと言う公三郎。

婚約者のたまきは、売春婦に溺れた兄を思い出し…泣いてしまいます。

一方…外で歩く練習をしていたチヌに、岸が忍び寄り…?!

 

「声なきものの唄」69話のネタバレはこちら

声なきものの唄70話 ネタバレ

木陰から音もなく、姿を現した岸…。

チヌの髪の匂いを嗅ぎ、ええ匂いやなぁ…と恍惚の表情を浮かべました。

岸の奇行に、チヌは震えて声も出せません。

そんな彼女に、岸は自分の恋心を朗々と語ります。

妻とは子供も出来たが、夫婦としては満足していなかった岸…。

親が決めた嫁だったため、恋愛をした経験がなかったのです。

自分に抱かれ…涙を流して応えてくれたチヌに、本気で好いているんだろう?と聞く岸。

商売相手として一生懸命だったチヌは、ゾクリと身を震わせました。

彼をなるべく刺激しないように、客として接するチヌ。

身に危険を感じ、寒いから病室に行こうと誘いますが…。

自分の話を聞け!と岸は豹変し、大きな声をあげます。

お前と一緒になるいい方法があると言った後、懐から刃物を取り出したのです。

腹に傷を作った上に…顔まで傷が出来れば、女郎としてやっていけんやろ!

チヌは恐怖に顔をひきつらせ、その場から逃げ出しますが…足を滑らせて転んでしまいました。

追いついた岸は、裏切るんか!と叫び…チヌに刃物を振り上げますが…。

その瞬間…小さな影が駆け付け、持っていた木の棒で岸を殴り始めました。

チヌを救ったのは、入院していた京相家の息子・滋だったのです!

 

女に手を出しちゃ、いかんのやぞ…!

震える手で棒を握り、岸の背中を殴る滋。

怒った岸は滋の腕を掴み、頬をぶち返しました。

こんな事する岸さまなんて、大っ嫌いや…!と、チヌは叫びます。

その後…騒ぎに気づいて駆け付ける、後藤田と公三郎。

逃げ出す岸を捕まえている間に、チヌは滋を優しく抱きしめました。

涙ぐみながらお礼を言うチヌに包まれ、滋は恥ずかしそうに頬を染めます。

公三郎は二人の様子をそっと見守り、お手柄でしたね…と滋を褒めるのでした。

 

しばらくすると、滋がチヌの腕の中で泣き始めました。

怪我でもしたのかと思い、心配するチヌ。

「母上が弟を産んだんだ…」と滋は答えますが、チヌにはその言葉の意味がわかりません。

その後、病室に戻る二人なのでした。

 

傷の手当てをした後、岸がどうなったのか…と聞くチヌ。

後藤田と公三郎は彼を捕まえた後、女郎と一線を越えようとする奴は遊廓に揚がる資格はない!と一喝します。

警察に突き出さない代わりに…二度とチヌに近づくな!と、念を押した後藤田。

それを聞いたチヌは、ほっと胸を撫で下ろしました。

その後…滋は熱が出て安静していると聞き、心配そうな顔をするチヌなのでした。

 

熱にうなされ、母の事を思い出す滋。

ある日突然家からいなくなり、周囲の人たちが「妾奉公」に行ったと聞きます。

女郎よりはマシよね…。

そう噂する声を聞き、妾よりも女郎のほうが卑しいのか…と考えるのでした。

ある日…出かけた祖父が帰ってきて、生まれた子が男の子だったと呟いているのを聞いた滋。

自分の弟…?と気づき、呆然と立ち尽くすのでした。

 

女郎を助けてしまったけど、母上と同じ匂いがするからいいか…と笑う滋。

同時に母を思い出し、グスっ…と嗚咽を漏らします。

母と同じ匂いを感じ、目の前に現れた人物に抱きつきますが…。

彼女は母ではなく、チヌでした。

滋の事情を公三郎に聞き、母のように滋を抱きしめるチヌ。

滋ちゃんはええ子や…と言った後、お母さんも滋の事を大好きだと思っていると告げます。

チヌの温もりに癒され、目をトロンとさせる滋。

女郎の無礼な振る舞いも、熱があるから許してやろう…。

そう思いながら、滋は眠りにつきました。

彼をそっとベッドに寝かせ、病室を出るチヌ。

滋が辛い目に遭っているのも、女が身を売るせいなのか…!

潤んだ目のチヌに、先生が呼んでますよ!と看護師が声をかけるのでした。

 

その頃、若水邸で公三郎の帰りを待つたまき。

大泣きしてしまった彼女を優しくエスコートし、自宅に帰っても細やかに気を遣ってくれた公三郎…。

やっと笑顔を見せたたまきに、公三郎は微笑みかけます。

すぐに出かけると言って出てしまう彼に、女郎の元に行くのか!と嫉妬するたまき。

じっとしていられなくなり、チヌのいる病室に向かいますが…。

チヌが大声で、若様の借家に住むんですか?!と驚く声が聞こえます。

それを聞いたたまきは急いで扉を開け、ちょっと待ったー!と叫ぶのでした。

声なきものの唄70感想

ストーカーの岸を救ったのが、滋だったのが感動的でした!

ずっと彼女を毛嫌いしていたけど、母と同じ優しさを感じたんでしょうね…。

滋を抱きしめるチヌも素敵でしたが、「身を売る女」が不幸の引き金になる事に悩んでいました。

やるせない思いでしょうし、公三郎の言うように…答えの出ない問題ですね。

次回の「声なきものの唄」71話が掲載されるまんがグリム童話2022年4月号は2月28日発売です。

声なきものの唄71話ネタバレはこちら