週刊少年チャンピオン

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【13話】最新話ネタバレ感想!

こんにちは。2020年5月7日発売の週刊少年チャンピオンより、声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【13話】「校外学習③」を読みました。

12話では、真白は同じ学校のメンバーと学校外の彼女の友達とで結成された女子達で校外学習を楽しんでいました。

しかし、途中で真白だけ仲間からはぐれてしまいます。動揺した仲間達は真白を探すために奔走することになりました。

この記事では、声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【13話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【13話】最新話ネタバレあらすじ

仲間から一人はぐれてしまった真白を探すために各々が探し回ります。

心崎は走って探し回り、習志野は声を張って探し回り、中村は通行人に真白を見なかったかと尋ねて探し回ります。

一方はぐれてしまった本人の真白は失声症で声が出せないため、スケッチブックに「ここはどこですか」と書いて通行人に見せて、何とかしようと試みます。

しかし既に真白を探し始めて一時間が経過していました。

探し始めの時に、慌てずにラインで合流すればいいのではという意見を出した人もいましたが、その時心崎は難色を示します。

なぜなら、真白は極度の方向オンチだったのです。

そしてやはりラインで場所指定しても結局合流は叶いませんでした。

なので心崎はラインで「その場所でじっとしてろ」と真白に指示を出しました。

そして皆の懸命な真白の捜索活動は続きます。心崎のラインを見た真白はだんだん心苦しくなります。

このままでは自分のせいで皆が校外学習を楽しめないのではないかと罪悪感を感じます。

一方、心崎は人が密集する街中を走り回って真白を探していました。

彼女は人の心が無意識に読めるため頭が痛くなりやすいのですが、我慢して真白を探すのに奔走します。

他方では中村と習志野の二人が行動を共にしていました。

習志野は心崎が真白をあんなに必死に探すことにびっくりしています。

中村も意外に思っていたようで、心崎はいつもきつめの表情で人を寄せ付けない感じなのに真白に対しては心を開き、楽しそうに笑うことに感慨を覚えます。

そしてしばらく経過した後、真白は心崎に「帰るのでもう捜さなくて大丈夫です」とラインを送ります。

その直後、心崎は真白を見つけます。汗だくの心崎とびっくりしながらも嬉しそうな真白の表情がそこにはありました。

➡2020年5月7日発売の「週刊少年チャンピオン」の最新版を『試し読み』からいますぐチェック!

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【13話】感想

真白を中心、きっかけにつながったこの校外学習即席メンバーの絆は固いとそう思わせてくれる回でした。

真白自身は自分が足手まといという自虐的な感じでいますが、この温かい空間は紛れもなく彼女がいたからこそあるものだと思います。

もちろん、心を読むことが出来る心崎がお話の主軸であるとは思います。

しかし、他のメンバーに真白がこれから深く関わることによって色々と何かが変わるかもしれないと期待させてくれる優しいお話だったと感じました。

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【14話】考察予想

真白が校外学習メンバーからはぐれてしまい、相当な時間が経っても探し続けてくれる人達の温かさは素敵だなと思いました。

心崎を中心にじわじわと優しい世界が広がっている感覚です。心崎が自分の体質から来る苦痛を我慢してでも、諦めずに真白を探し当てたところはまさに友情です。

無事に心崎と合流できた真白が、他のメンバーとも合流して校外学習を楽しむことが出来ることを期待しています。せっかくの校外学習、彼女達にとって楽しい思い出が出来るといいなと思います。

まとめ

2020年5月7日発売の週刊少年チャンピオンより、声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている【13話】「校外学習③」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。