めちゃコミック

恋の呪いは愛で解け106話ネタバレ!斗真と香澄が恋の呪いを解く!?

めちゃコミックに掲載されている「恋の呪いは愛で解け」についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

お互いにトラウマを抱える斗真と香澄は、抱き合うことを避けてきました。

そんな2人がついに抱き合うことを決意しました。

恋の呪いは愛で解け106話ネタバレ

斗真は香澄とベッドでおでこを合わせながら、クスッと笑います。

最初は彼女に対して恋愛感情は全くありませんでした。

ただ同じ痛みを抱えている人となら、何か変わるかもしれないと思いました。

一人じゃないなら、誰かと一緒なら、一歩踏み出せるかもしれないと感じたのです。

そして斗真は、痛かったらちゃんと言ってなと香澄に言います。

香澄は大丈夫だと返しながら、不思議と斗真なら、どんな自分でも受け入れてくれると思えました。

目を閉じると、斗真と過ごした色んな出来事が頭に浮かんできました。

すると香澄は涙ぐみながら、自分のことを好きになってくれてありがとうと斗真に感謝し、彼の頬に触れます。

斗真は「こちらこそ」と微笑みながら、彼女にキスをしました。

そして2人は一つになりました。

香澄はきっとみんな「恋の呪い」を抱えていて、不安になったり、ぶつかったりしながら、それでも手をとりあって進んでいくんだろうと考えます。

恋の呪いを愛で解きながら・・・

 

次の日の朝、香澄が目を覚ますと斗真がすぐ隣で眠っていました。

香澄は恥ずかしくなり、思わず布団にもぐります。

そして斗真の寝顔をじっと見つめた後、香澄はこれからもよろしくねとつぶやくのでした。

恋の呪いは愛で解け106話感想

ようやく恋の呪いが解けてよかったですね。

これから2人がどうなっていくのか、とても楽しみです!