めちゃコミック

皇妃さまの育児論19話ネタバレ!毒を含んだ薔薇たち

めちゃコミックで配信中の「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」19話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

かつての大魔法使いエリサはアティエン帝国の皇帝カイトと結ばれ、

レオンを授かるも、皇子を厳しく育て上げる事に執念を燃やす余り、

成人後の皇帝レオンは自害をしてしまうのでした。

後悔の念と共に過去に戻ったエリサ。

未来を変える決心を固め陰謀渦巻く中、ただ一人立ち向かうエリサ。

騎士結成の為訪れた街で第三皇子レオンが誘拐され…?

救出に向かうローハンとエリサでしたが…。

皇妃さまの育児論18話のネタバレはこちら

皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~19話ネタバレ

黒ずくめの男が投げた毒液がエリサに迫り…!

皇妃様!とローハンが叫ぶとエリサは咄嗟に着ていたドレスの裾を持ち上げ!

代わりにドレスが毒液を吸い込み…。

みるみる溶けていくドレスの生地。

怪我ございませんか、とローハンが尋ね。

動かないでください、すぐドレスをと、応急処置をしようとしたローハンの手。

しかし既にレオンを抱えているため手が塞がっていて…。

大丈夫ですと、エリサはローハンの腰に付けていた剣を抜き取ると、

その布地をうまく破り捨てるのでした。

ローハンはどうにかうまくドレスを結んで取り繕ろうとするのですが。

なかなかうまくいきません。

その様子を見てエリサは可笑しいのかクスクスと笑います。

ローハン卿にもできないことがあるのね?と、

レオンと共に笑います。

レオンを救ってくれてありがとうございました、と、

エリサがお礼を言うと。

当然のことをしたまでです、とローハン。

それにしてもこれは…?と不審がるローハンに対し、

危険なものではありますがこの量では、

頭から被ったところで命を奪うほどのものではなさそうです、とエリサ。

もっと効果的な毒があったでしょうに、

最終手段としてこれを準備をしていたということは、

この毒こそ、そもそも本来の目的だったのかもしれない。

と、推察するエリサ。

となると、今すぐ私を殺して事を大きく大きくしたくはないけれども、

顔や体に傷をつけて、醜い姿にさせるのが目的だったのではないか?

と、ここまでわたしを怨む者はただ一人。

第一皇妃ではないかと考えるエリサ。

でもこんな事を企みそうな女だということと、

実際に行動に移したこととは、全くの別問題。

もし第一皇妃ではないのであれば

一体誰なのだろうと考えたところで、

まだまだ安心はできません。

急いで戻りましょう、とローハンが提案します。

ここを離れたら誰がこの調査をするのですか?

と尋ねるも、守備兵を送り、警備隊を動かすことはできるでしょうが、

なにぶん時間がかかります、とローハン。

その間に犯人が残した痕跡や、

手掛かりが消える可能性が高いとエリサは懸念しますが。

でも目的を持って、自決までするほどだから、

手がかりを残すとは考えにくい、と思い…。

ではお願いしますとローハンに託すことにしたのでした。

 

その頃の第一皇妃宮では…。

第一皇妃様、お聞きになりました?

と第二皇妃がおかしな格好で戻ってきたそうです、

とローテリー婦人が囁くと、らしいわね、と第一皇妃。

いつも問題ばかり起こして、何を考えているのかしら?

と小馬鹿にしたように微笑む第一皇妃。

陛下も第一皇妃も良くしてくれてますから

調子に乗ってるんじゃないですか?と言い。

私が?第二皇妃に…?ローテリー男爵夫人はよくご存じのようね?

私の記憶にはないのだけれど、と返されて真っ青になるローテリー。

それにしても、陛下はなぜローハン卿を護衛にしたのかしら?

と、第一皇妃。

今日も忙しい身のはずなのに、

第二皇妃のお遊びに付き合わせる時間はないと思うのだけれど。

あの時陛下が皇太子宮に入ったために無視できない状況に

なってしまったのではと直感する第一皇妃。

陛下の直属である、騎士団をつけるより、

ローハンをつける方が、おかしな噂が立ちにくくなりますと、もう一人の夫人が話します。

 

そうなる状況、例えば陛下が突然第二皇妃を興味に示したとか?

第一皇妃は考え…。

その時、奥から何やら言い争う声が聞こえ、

第二皇子アセンシオがやってきます。

いかがなされましたかと第一皇妃が尋ねると。

貴方のご命令ですかとアセンシオ。

何のことでしょうと第一皇妃が聞くと…。

今回ばかりは見過ごせません、手を出す者が誰であれ、

絶対に容赦するつもりはないと怒りの様子のアセンシオに

まあ、大きくなったこと、いつの間にそんなに大したことを言うようになったのと、

皇妃に言われ…。

いいえ、まだです。少しずつ分かってくるでしょう。

僕はどのように成長したのかとアセンシオは答えます。

私をお疑いのようですが、もし誰かの仕業だったらどうするんですか?

と、聞かれ…無言でその場を立ち去るアセンシオ。

 

一方、黒ずくめの男は誰かに事態を報告していて…。

先程まで監視していましたが、変わった動きはありません。

再び魔法を使えるようになった訳でもなく、

まだ魔法を使える手段を得た訳ではない…、気をつけておくべきだった。

使い道もあっただろうに、もう少し探ってみるかと言われ、

男から皇帝陛下と呼ばれた男。

その目の前に鎮座していたのでした。

「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」19話の感想です。

襲われそうになった第二皇妃!危機一髪でしたね。

エリサが無事で良かったです。

最後のボスは皇帝カイトなのでしょうか?

次回も見逃せませんね。

皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~20話ネタバレ!はこちら