マイホームヒーロー

マイホームヒーロー【142話】最新話ネタバレ感想|世の終末!天照と共に天へ!

こんにちは。ひらりです。

2021年7月26日発売のヤングマガジンより、マイホームヒーロー【142話】「世の終末」を読みました。

141話では、

哲雄に踊らされている可能性があると知っても、既に目的は哲雄ではなく人を殺すことに変わった窪は洋二のことも殺してまた村人を殺しに行きます。

次に向かったのは天照の元。天照を守るためならば喜んで命を捨てて行く信者を前にした窪は・・・。

それでは、この記事では、マイホームヒーロー【142話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

マイホームヒーロー【142話】最新話ネタバレあらすじ

20人自殺すれば天照を返す、という窪の言葉に従い信者が次々命を絶っていきます。

信者の中には零花の従者であった梨田もいます。梨田は信者第2世代ですが、生まれたころからある進行は義務であり疑問を抱いたことはありませんでした。

自由そうな零花のことを羨ましいと感じることもありますが、だからといって何かをしたいと感じることも行動することもありません。

そのため今も死に恐怖を感じながらただただ祈ることしか出来ませんでした。

梨田の隣の人が死に、近くにナイフが落ちています。次は自分が死ななければならないのだろうか、とナイフを見て梨田が困っていると別の信者が代わりに死んでくれたため、窪の条件である20人に達しました。

約束通り天照を放す、と言って窪は縁側から天照を蹴り飛ばします。その首にはナイフが刺さっていました。

男の信者2人はすぐに窪に向かって走っていきますが、女の信者たちは嘆き天照に縋りついています。

天照の願いは窪に天罰を与えること、しかし信者たちにその願いは届かず信者たちは天照と同じ天の世界に行くと言い出しました。

これが世の終末である、と死を受け入れたのです。

誰1人逃げようとはせず、その場で祈りを捧げ始めました。

自分に向かって来た2人の男を殺した窪は、祈りを捧げる信者たちに手を下して行きます。

梨田は恐怖を感じており、勿論逃げたいと思っていますが、逃げる姿を見られることも恐れた結果その場から動くことが出来ません。

そして窪に頭を落とされました。

窪による一連の惨劇が行われた屋敷に哲雄と月夜見がやって来た頃、屋敷は静まり返っていました。哲雄たちの前に広がるのは綺麗に並んだ遺体。前列は自ら首を切った者、後列は窪に首を落とされたものです。

哲雄はこれが現実ではないように感じていました。落ち着いているはずなのに、頭が追いつかないのです。

歌仙と結婚する時に悪魔と罵られた哲雄は、自分が本当の悪魔だったことに気がつきました。

マイホームヒーロー【142話】感想

信仰心と命への執着は違う。それは当たり前のことですが信者が躊躇いなく死んでいくことから感覚がおかしくなっていました。

そんな中で命が惜しいという感情を見せてくれた梨田には生きていて欲しかったですが、逆に行動力がなかったがために梨田も死んでしまいました。

あそこでもしも逃げようとしていたら窪は梨田を手にかけていたのだろうか、そう考えてしまいますがきっとどんな道を選んでも殺されていたのだろうと思い希望も何もないと感じました。

マイホームヒーロー【143話】考察予想

窪が次に狙っているのは胡蝶です。信者が天照のために命を落としていく様子を見ていたにも関わらず信者を捨てて逃げようとしていた胡蝶。

特に殺すことに理由を持たない窪ですが、胡蝶の場合だけは殺す理由を口にしてみるのではないでしょうか。旦那に助けを求めている胡蝶。

しかし旦那は歌仙が逃げる際に好きだから結婚したわけではないという項の発言をされて少し思うところがあった様子。

郷一郎も天照もいない状態で胡蝶のことを助けてくれるのでしょうか。

まとめ

この記事では、マイホームヒーロー【142話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングマガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら