マッシュル-MASHLE-

マッシュル-MASHLE-【14話】最新話ネタバレ感想|マッシュ・バーンデッドと鉄の魔法

こんにちは。2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュル-MASHLE-【14話】「マッシュ・バーンデッドと鉄の魔法」を読みました。

13話では、課外授業で爆発魔法を使う少年、ドットと行動を共にしていたマッシュ。一目ぼれしていた女生徒を助けるため、二年生のシルバに勝負を挑むドットですが全く歯が立ちません。

好きになった女の子のため、ボロボロになりながらもシルバの魔法を受け続けるドット。彼をあざ笑うシルバに、マッシュは自分が替わりになると告げるのでした。

この記事では、マッシュル-MASHLE-【14話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

マッシュル-MASHLE-【14話】最新話ネタバレあらすじ

冒頭、別行動しているマッシュを気にかけているランス。

マッシュは編入試験のとき教師を倒すほどだから問題ないと請け負うレモンとフィンですが、ランスは魔法使いにはサポート・学術に長けた白魔導師と戦闘に長けた赤魔導師の二種類が存在し、マッシュが倒したのは白魔導師の方だと説明します。

二年生以上の赤魔導師は相当な実力者揃いであり、マッシュも危ないのではないかと語るランス。

一方のマッシュは、シルバがドットをいたぶる目的で始めた、「攻撃を十回耐えるゲーム」を自分が引き継ぐと宣言しました。

自分は弱い癖に虚勢を張る弱者が大嫌いで、そういう人間を見るとそいつのプライドをへし折ってやりたくなる、と笑うシルバ。

ドットが自分の袖を少しだけ焦がしたことに怒り、彼をさらに傷付けようとします。

妨害に入るマッシュに対して、鉱石を生み出す魔法で猛攻を加えるシルバ。

自分はお前達が格が違うのだとふんぞり返りますが、次第に攻撃に慣れてきたマッシュは、鉱石を砕いてシルバを吹き飛ばします。

事態が飲み込めないシルバに対して、二撃目の痛打を与えるマッシュ。

ようやくマッシュの圧倒的強さに気付くシルバでしたが、マッシュは攻撃の手を休めて座り込みます。

不審に思うシルバに、これで二回だ、と告げるマッシュ。

「攻撃を十回耐えるゲーム」を引き継いだというのは、シルバの方が攻撃を喰らう側に移ったという意味でした。

あと8回残っているから格の違いと言う奴をみせてほしいな、と呟くマッシュに、シルバは戦慄を覚えるのでした。

➡「マッシュル」を『試し読み』からチェックする

マッシュル-MASHLE-【14話】感想

ここ数話の間、シルバに溜まっていたヘイトを一気に解消する爽快感溢れる展開でした。

少年漫画の主人公であり、基本的にはさっぱりした性格で善人であるマッシュですが、悪人に対しては割と性格の悪い仕返しをする場合があり、今回の「あと八回」発言はその最たるものでした。

しかし長い間憎まれ役になっていたキャラクターが酬いを受けるという展開では単純に一発でぶっとばされるだけでは納得できない場合も多いので、これくらいしてもまあまあ、主人公としても許容範囲ではと思わされました。

マッシュル-MASHLE-【15話】考察予想

おそらく次回はシルバが延々ボコボコにされる展開で終わると予想できますが、気になるのが、ドットをそそのかしてシルバに喧嘩を売らせた女生徒の目的です。

単純に、男をたぶらかしてシルバに蹂躙させるのを楽しんでいた、という理由だと納得のできない部分があります。

最初に彼女に絡んでいた男子生徒が、お前のせいで~と口走っていたからです。この男子生徒やドット(もしかするとシルバも?)に彼女が何をさせるつもりでいたのかが次回以降、明らかになるのではないでしょうか。

➡マッシュル-MASHLE-【15話】へ

まとめ

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュル-MASHLE-【14話】「マッシュ・バーンデッドと鉄の魔法」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡『マッシュル』の最新刊を無料で読む