僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【273話】最新話ネタバレ確定&感想|破滅のボルテージ

こんにちは。2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【273話】『破滅のボルテージ』を読みました。

272話では、死柄木の覚醒により蛇腔病院の崩壊が始まりました。驚異的なスピードで広がっていく崩壊の亀裂は、触れただけで人間にも伝染してしまいます。

ヒーロー達は急いで崩壊から逃げようとしますが、何人かのヒーローは間に合わずに崩れ去ってしまいました。

それでは、この記事では、僕のヒーローアカデミア【273話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

僕のヒーローアカデミア【273話】最新話ネタバレあらすじ

出久はエアフォースの蹴りで崩壊を押し返そうとしますが、衝撃とは違うこの崩壊は一切止まらず広がっていきます。

出久はデパートで死柄木と会った際に、死柄木の個性のことを知ったのでこの状況が死柄木によってもたらされたものだとすぐに気が付きました。

轟も穿天氷壁で崩壊を止めようとしますが、作られた氷も一瞬で崩れてしまいます。

バーニンは病院に連絡をしながら、とにかく生徒たちには退くように伝えます、生徒たちは残っている一般人を連れて急いで崩壊から逃げます。

バーニンは叫び続けていますが、病院にいるヒーローたちからの応答はありません。現状が全く伝わってこないのです。

死柄木がいる崩壊の中心は1つの島の様になっています。

寒さに震える死柄木は後ろにある壊れた装置を開くと、折角増産したオーバーホールの作った薬がほとんど駄目になってしまったことを残念がります。

一瞬死柄木は頭に痛みが走り何か声が聞こえますが、聞き取ることは出来ず不思議に思います。

しかし、落ちているスマートフォンに気が付くと、自分のやる事を思い出してスマートフォンを拾い上げます。

そしてギガントマキアに、皆と一緒に来いと告げました。群訝山荘にいるギガントマキアが覚醒します。死柄木は今から全てを壊すと告げました。

場面は群訝山荘に変わり、ホークスを抱えた常闇がファットガムの頭上を通過します。

ファットガムはホークスに気が付くと後衛で待機する救護班の元に行けと言います。敵の氷にやられたヒーローたちはすぐに氷に対抗し始めました。

依然ヒーローたちは自分達が優勢だと言います。その時、ヒーローの1人がトゥワイスに殺されたヒーローが横にいることに気が付きました。

そのヒーローは今トガとコンプレスを捕まえているはずだとこの場所にいることに疑問を抱いた時、トゥワイスに殺されたはずのヒーローが周りにいるヒーローを次々刃物で切り裂いていきます。

群訝山荘内にいるコンプレスは今までどこにいたのか分からない荼毘に突っ込みを入れた後、トゥワイスが殺されたことを話し、トガが止めたのに走って行ってしまったと言いました。

珍しく冷静さを欠いているトガは、今ほどヒーローたちを切り裂いた人物です。顔が溶けて本来の姿が出てくるトガは生きやすい世界にヒーローは邪魔だと言いました。

その目は怒りのために大きく吊り上がっていました。

そのトガの背後に、大きな腕が出現します。

場面は無くなってしまった蛇腔病院に戻り、死柄木にエンデヴァーが飛び掛かっていました。

僕のヒーローアカデミア【28巻】を試し読み

僕のヒーローアカデミア【273話】感想

勢いがすごい話であっという間に読み終わってしまいました。崩壊の速さをこの身で感じられたようです。トゥワイスの死がトガに大きな影響を与えていたことが今回分かりました。

コンプレスは暴走したトガに対し、自殺行為だと言っていますがトガの背後に現れた腕はおそらくギガントマキアの物なので、トガは大丈夫でしょう。

死柄木の覚醒の他にもヴィラン達たちが暴れていることもあり、ヒーローたちは一気に劣勢となりそうです。

僕のヒーローアカデミア【274話】考察予想

嫌な予感がします。圧倒的な強さを前に、エンデヴァーが殺されてしまうのではないでしょうか。死柄木は触れるだけで危険、それが今は触れなくても危険です。

エンデヴァーがNo.1だと言っても今の死柄木の前には無力ではないでしょうか。可能性があるとすれば死柄木の頭に直接聞こえてきた声が関係すると思います。

ヒーローだけでは止めることが難しいこの事態は、ワン・フォー・オールの先代たちが力となってくれるでしょう。

まとめ

2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【273話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。